注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?

テレビやゲームなどは子供に悪い影響を与えるというのを、聞いたことはありませんか?しかし、どんなものでも上手に使うことで薬にも毒にもなるものです。

テレビとの上手な付き合い方、子供にテレビを見せるときに気をつけたいことなどを紹介します。意識しなければいけないのは大人のほうかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。「尊敬=恋愛感情」ではありません。相手に対し...

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かし...

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

パスタの名前の中でもおしゃれなものを大特集!その意味も解説

イタリア語自体がそうなのかもしれませんが、パスタの名前ってどれもおしゃれに聞こえますよね。そ...

実家に帰りたい!新婚生活が楽しくないと感じても逃げちゃダメ!

実家に帰りたい!新婚生活楽しくない!好きな人と結婚したはずなのに、どよーんとした生活…新...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。手づかみで食...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

スポンサーリンク

テレビを見ない子供はどう育つ?テレビを見ないメリット

テレビを見ない子供には、どのようなメリットがあるのか

テレビよりも絵本が好きな子供

テレビを見る時間が少ないので、必然的に絵本を手に取る頻度が多くなります。
実年齢よりも高い内容の絵本でも、落ち着いて読むことが出来たり、理解するスピードも早いそうです。

絵本の世界を自分で想像することも、無意識にするようになります。

テレビを見ない子は想像力が豊かな子供になる

絵本が好きということにも関連しますが、自分でストーリーの展開を想像することで、だんだん他の場面でも想像力が豊かになっていきます。

テレビを見ない子供は純粋で素直な子供に育つ

テレビでは時々、親が聞かせたくないような、ませた言葉が聞こえてくることがあります。

子供にとっては、今まで馴染みのない新鮮な言葉なので、好奇心から真似をしたりすることがあります。

テレビを見ないと、そのような言葉を覚える頻度はグッと少なくなります。
子供らしく純粋で、素直な子が多いという傾向が見られるようです。

テレビを絶対に見ない、見せないは子供のストレスに?

子供が無理をしている様子がなく、テレビを見ることが少ないということは問題ありません。
子供の意思で「見ない」ことと、絶対に「見せない」ことは違うことです。
絶対に見せないと、子供はストレスを感じるのでしょうか。

やはり極端な制限は、ストレスを感じる大きな要因になります。

テレビを子供のときに極端に制限されて、大人になり自由が許されるようになると、今までの反動なのかテレビばかりを見て過ごすということもあるそうです。

一日の時間の使い方が、テレビの番組を基準に動くというから驚きです。
正社員として仕事をすると、当然ですが時間に縛りが出てくるので、アルバイトのように比較的時間が自由になる働き方をして、テレビを見る時間を優先するというケースも実際にあります。

テレビだけが要因ではないですが、ストレスを感じている子供は乱暴になってしまう傾向も見られます。

家でのストレスを外で発散しようと、学校に行くと周囲の子供に手を上げてしまうということも少なくないようです。

ストレスは子供のうちから、心に影響を与えるものなのですね。

子供がテレビをずっと見ないようにするには親の工夫が必要

テレビをどのくらい見るのか、またテレビに依存したような環境になるのかは親の工夫次第で変えることが出来ます。

家にいて他に楽しいと感じることがなければ、どうしてもテレビのスイッチを付けるでしょう。

しかし、他に楽しいことや熱中することがあると、子供はあまりテレビを見ませんよね。

好きな番組のときだけテレビを見るなど、メリハリを付けることで家族の時間の過ごし方にも変化が出てきます。

親子の交流の時間も、増やすことが出来ます。
家事をしていない時間は、子供と今日の出来事を話したり、一緒に遊んだりして、絆を強めてくれる時間にもすることが出来るのです。

また、テレビやスマホを使って機嫌を良くさせると、子供は感情をどのように扱ったらいいのかがわからなくなってしまうようです。

機嫌をテレビに頼らないと、子供自身も自分の感情と正面から向き合うことが出来、落ち着きのある子になる傾向が強いようです。

テレビを見るときには子供と関わりながら見ることが大切

テレビをただひたすら流していくのではなく、子供と一緒に見ることはどうでしょう。
子供の好きな番組でも、一人でただ見ているだけでは、だんだん退屈そうにすることがあります。

しかし子供と一緒に「これはなんて言う動物かな?」「このお花はきれいだね」などと、会話をしたり一緒に踊ったりしながら見ると、子供の気持ちも満たされます。

コミュニケーションを取りながらテレビを見ることで、ただ見るのではなく、一つの経験として身についていきます。

テレビを生活の中から、完全に排除するというのは現代の生活の中では非常に難しいことだと思います。
テレビが必ず悪影響になるというわけでもありません。

テレビとの過ごし方を工夫するだけでいいのです。

子供は親の姿をよく見ているので親も注意しなければならないこと

  • 食事をするときはテレビを消す
  • 親は食事中や、話しているときにスマホを触らない

など親としても、心がけることはあります。

こうして家族でルールを決めると、うまくテレビの時間を使うことが出来そうですね。

大人も子供もテレビはほどほどにすると安心です

テレビは夢中になると、時間の感覚が麻痺したり、周囲の状況を気付きにくくすることがあります。

子供に何回か話しかけないと、呼ばれていることに気付かないほど熱中していることありませんか。

どうしても、家族のコミュニケーションが少なくなってしまうのです。

子供が発達する上で、絵本や外遊びはとても大きな影響を与えます。
実際の研究の結果でも、わかっていることだそうです。

絵本を読んだり、外で遊んで友達との会話の中で、自然と言葉や相手の気持ちを考えるということが身についていきます。

親がいつも忙しそうにしていると、本当は子供は甘えたいけどその寂しさを解消するためにテレビに依存しているという可能性もあります。

親に甘えたり、時にはダダをこねたりして、親に受け止めてもらうことで自己表現力も学んでいきます。

テレビが家族のコミュニケーションの時間を減らしたり、子供の自己表現力を低下させるキッカケにならないように、時間を決めたりほどほどに見るようにすることをおすすめします。