注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。

独学で合格する人ももちろんいますが、これだけの最高難易度ですから、やはり独学で合格するのはほんの一握りだそうです。

公認会計士は独学では難しいと言われている理由について調べました。

初めは独学でも、途中で挫折して専門学校へ行く人も多いようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

猫がついてくる!人懐っこい野良猫がいる理由と寄ってくるワケ

猫が自分の後をついてくる経験をしたことがある人もいますよね。野良猫なのに人間を警戒しない、人懐っこい...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

赤ちゃん(8ヶ月)のお風呂!ママ一人だと大変!入れ方のコツ

赤ちゃんのお風呂は、パパが仕事でいないのでママと二人で入るというパターンも多くあります。赤ち...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

スポンサーリンク

公認会計士試験は独学でも合格可能だがお勧めしない理由

国家試験の中でも難しいものといえば、弁護士や医師が思い浮かびますが、公認会計士の試験も同じくらい難しいと言われています。

独学で合格する人も実際にはいますが、試験内容が難しいためかなり少ないようです。

社会人から挑戦するのであれば、独学で合格することはかなり厳しいかもしれません。

それは、この国家試験の参考書などの情報が少ないというのも一つの理由です。そのため、資格取得のための学校に通っている人がほとんどだと言われています。

合格するまで何年かかってもいい、というのであれば独学でも良いのかもしれませんが、それでも効率的とは言えないでしょう。

資格取得のための学校には、公認会計士になるために専門に教えてくれる先生もおり、同じ目標を持った仲間もいます。

本格的に勉強したいのであれば、独学ではなく学校に通うのが一番と言えるでしょう。

公認会計士を独学で取るのが難しいのは合格率を見れば一目瞭然

公認会計士の国家試験は難しいと説明しましたが、それは合格率を見れば理解していただけると思います。

その合格率はなんと5%と言われています。

公認会計士試験には短答式試験と論文式試験があります。短答式に合格してから論文式を受験することになっています。

短答式試験はマーク形式となっていますが、その合格率は約17%、そして論文式試験の合格率が約35%と言われています。そのため両方とも合格する人の合格率が5%と言われているようです。

では、合格するためにどのくらい勉強しているのでしょうか?受験生は平均2年以上勉強しているといいます。それでも90%以上の人が不合格となっているのが現実なのです。

独学では難しいという根拠が裏付けされていますよね。

仕事を続けながら公認会計士の勉強を独学で合格するのはやっぱり厳しい?

合格率を見ると、独学で合格することが難しいことがわかりますが、社会人が合格するためには仕事を辞めて本格的に勉強するかどうかが悩みどころですよね。

公認会計士の国家試験は、税理士国家試験などと比べると長期間というよりは短期集中型の勉強が必要になるでしょう。何年もかけて、というわけにはいかないようです。

そのため、学生や仕事を辞めてから受験する人が多いと言われています。仕事をしながらの勉強は大変だということを物語っているともいえます。

しかし、受験者の中には仕事を辞めて受験したものの、合格できない人も実際にはいます。

仕事を辞めて本格的に勉強するかどうかは、すぐに決める必要はありません。まずは実際に公認会計士になるための勉強を始めてみましょう。その上で仕事が勉強の負担になるようであれば退職するかどうかを考えるようにしましょう。

公認会計士に合格するまでの年数は平均でどのくらい?

公認会計士の試験の受験生は2年以上勉強している人がほとんどだというお話をしましたが、合格するまでには平均してどのくらいかかっているのでしょうか?

ある調査によると、合格するまえの平均年数は2~4年だと言われているようです。中には1年で合格する人もいるようですが、それはほんの一握りの人、全体の割合でみると1割にも満たないようです。

最低でも2年はかかると覚悟しておいた方がよいでしょう。

では、合格するためには何時間勉強すればよいのでしょうか?

難易度の高い公認会計士の国家試験に合格するためには、最低でも3,000時間の勉強時間が必要だと言われています。もし1日5時間勉強したとしても、1年間では合格できないことになります。そうなると、仕事をしながらということは難しいのかもしれませんね。

平均的な2年で合格する人の勉強時間を見ても、4,000時間以上となっているようです。

少なくても合格できる人もいるのかもしれませんが、最低でも3,000時間以上勉強しなくてはいけないと考えておきましょう。大学受験と同じくらい、もしくはそれ以上大変かもしれません。

公認会計士を独学で合格を目指すメリットはないの?独学で合格するには?

公認会計士を目指すためには学校へ通うのがベストな道だと言えますが、どうしてもお金はかかってしまいます。

そういう面が考えると、独学の方がお金はかからないでしょう。市販の教材などを購入する必要はありますが、授業料などと比較するとコストを抑えることができます。

また、学校だと授業の関係で時間を合わせなければなりませんが、独学であれば空いた時間を利用して勉強することができます。通勤などで電車に乗っている時間などのスキマ時間を活用すれば、勉強時間の確保もできるでしょう。

まずは独学から始めるということも手段の一つです。市販のテキストを購入して、まず問題を理解しましょう。そして過去問を何回も繰り返して解くようにします。

さらに、予想問題にも取り組むようにしましょう。模試にも積極的に参加してみましょう。

その上でどうしても無理だと感じたら、学校へ通うことを考えてみてもよいのではないでしょうか?