注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。

独学で合格する人ももちろんいますが、これだけの最高難易度ですから、やはり独学で合格するのはほんの一握りだそうです。

公認会計士は独学では難しいと言われている理由について調べました。

初めは独学でも、途中で挫折して専門学校へ行く人も多いようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

虫にも感情ってあるの?痛みや味は感じるのか徹底調査!

虫を見ていると「なにを考えて生きているんだろう?」と思うことってないですか?虫にも人間と同じ...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

お寿司のネタの美味しい切り方!初心者向けお寿司の作り方入門

お寿司は外で食べるものというイメージがありますよね。家族で行く回転寿司は、美味しいスイーツのメニ...

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることも...

スポンサーリンク

公認会計士試験は独学でも合格可能だがお勧めしない理由

国家試験の中でも難しいものといえば、弁護士や医師が思い浮かびますが、公認会計士の試験も同じくらい難しいと言われています。

独学で合格する人も実際にはいますが、試験内容が難しいためかなり少ないようです。

社会人から挑戦するのであれば、独学で合格することはかなり厳しいかもしれません。

それは、この国家試験の参考書などの情報が少ないというのも一つの理由です。そのため、資格取得のための学校に通っている人がほとんどだと言われています。

合格するまで何年かかってもいい、というのであれば独学でも良いのかもしれませんが、それでも効率的とは言えないでしょう。

資格取得のための学校には、公認会計士になるために専門に教えてくれる先生もおり、同じ目標を持った仲間もいます。

本格的に勉強したいのであれば、独学ではなく学校に通うのが一番と言えるでしょう。

公認会計士を独学で取るのが難しいのは合格率を見れば一目瞭然

公認会計士の国家試験は難しいと説明しましたが、それは合格率を見れば理解していただけると思います。

その合格率はなんと5%と言われています。

公認会計士試験には短答式試験と論文式試験があります。短答式に合格してから論文式を受験することになっています。

短答式試験はマーク形式となっていますが、その合格率は約17%、そして論文式試験の合格率が約35%と言われています。そのため両方とも合格する人の合格率が5%と言われているようです。

では、合格するためにどのくらい勉強しているのでしょうか?受験生は平均2年以上勉強しているといいます。それでも90%以上の人が不合格となっているのが現実なのです。

独学では難しいという根拠が裏付けされていますよね。

仕事を続けながら公認会計士の勉強を独学で合格するのはやっぱり厳しい?

合格率を見ると、独学で合格することが難しいことがわかりますが、社会人が合格するためには仕事を辞めて本格的に勉強するかどうかが悩みどころですよね。

公認会計士の国家試験は、税理士国家試験などと比べると長期間というよりは短期集中型の勉強が必要になるでしょう。何年もかけて、というわけにはいかないようです。

そのため、学生や仕事を辞めてから受験する人が多いと言われています。仕事をしながらの勉強は大変だということを物語っているともいえます。

しかし、受験者の中には仕事を辞めて受験したものの、合格できない人も実際にはいます。

仕事を辞めて本格的に勉強するかどうかは、すぐに決める必要はありません。まずは実際に公認会計士になるための勉強を始めてみましょう。その上で仕事が勉強の負担になるようであれば退職するかどうかを考えるようにしましょう。

公認会計士に合格するまでの年数は平均でどのくらい?

公認会計士の試験の受験生は2年以上勉強している人がほとんどだというお話をしましたが、合格するまでには平均してどのくらいかかっているのでしょうか?

ある調査によると、合格するまえの平均年数は2~4年だと言われているようです。中には1年で合格する人もいるようですが、それはほんの一握りの人、全体の割合でみると1割にも満たないようです。

最低でも2年はかかると覚悟しておいた方がよいでしょう。

では、合格するためには何時間勉強すればよいのでしょうか?

難易度の高い公認会計士の国家試験に合格するためには、最低でも3,000時間の勉強時間が必要だと言われています。もし1日5時間勉強したとしても、1年間では合格できないことになります。そうなると、仕事をしながらということは難しいのかもしれませんね。

平均的な2年で合格する人の勉強時間を見ても、4,000時間以上となっているようです。

少なくても合格できる人もいるのかもしれませんが、最低でも3,000時間以上勉強しなくてはいけないと考えておきましょう。大学受験と同じくらい、もしくはそれ以上大変かもしれません。

公認会計士を独学で合格を目指すメリットはないの?独学で合格するには?

公認会計士を目指すためには学校へ通うのがベストな道だと言えますが、どうしてもお金はかかってしまいます。

そういう面が考えると、独学の方がお金はかからないでしょう。市販の教材などを購入する必要はありますが、授業料などと比較するとコストを抑えることができます。

また、学校だと授業の関係で時間を合わせなければなりませんが、独学であれば空いた時間を利用して勉強することができます。通勤などで電車に乗っている時間などのスキマ時間を活用すれば、勉強時間の確保もできるでしょう。

まずは独学から始めるということも手段の一つです。市販のテキストを購入して、まず問題を理解しましょう。そして過去問を何回も繰り返して解くようにします。

さらに、予想問題にも取り組むようにしましょう。模試にも積極的に参加してみましょう。

その上でどうしても無理だと感じたら、学校へ通うことを考えてみてもよいのではないでしょうか?