注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?
最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが、命名で気にすることの一つに画数があります。

なぜ命名で画数を気にしてしまうのか。逆に気にしない人もいるのか。

それぞれの意見を調べてみました。
画数を気にする人が知りたい情報もありますのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

新生児が寝ない!イライラしたらこの方法で寝かしつけ

新生児のお世話にはたくさん大変なことがありますが、寝かしつけが一番大変だと感じるママも多いと思います...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

野良猫の子猫にエサを与えるのはいけないこと?餌付けの注意点

野良猫がいるなぁとふと見た時に可愛い子猫だった場合、かわいそうだからとエサを与えたくなるかもしれませ...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

寝かしつけの方法は?9ヶ月の赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、夜泣きなどで夜に何度も目が冷めてしまったり、なかなかスムーズに寝てくれない...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

スポンサーリンク

命名する時画数を気にする?それとも気にしない?

子供の名前を命名するとき、画数を気にするか気にしないかには様々な理由があります。
画数をあまり気にしないという場合は、占いを気にするよりも名前に込めた想いを優先したいという考えがあるようです。

画数を気にするという意見としては、せっかく名前を付けるのであればできるだけ画数が良くて縁起のよい名前にしてあげたいという気持ちが強いようです。

また、周りの人やお互いの両親が画数を気にするという場合もありますし、将来自分の子供が自分の画数を調べた時にがっかりした気持ちにさせたくないという意見もあります。
名前を悩んでいる場合は画数が良いに越したことがないので画数の良いほうを選びたいと思うのでしょう。

命名する場合は画数にこだわるのか、名前の由来にこだわるのか、漢字の意味にこだわるのか人それぞれでしょう。

どれが一番大事なのかは自分自身で決めるものですので何がダメというわけではありません。

命名する時に画数を気にする親は多い!画数の数え方は?

子供に命名する場合は画数を気にする親は多いと思います。
姓名判断では画数は大きな判断基準となりますので慎重に決めたいものです。

ちなみに姓名判断は漢字の画数から5つの格数を計算してその人の人生の運勢・性格などを解釈していきます。
5つの格数とは、天格・人格・地格・外格・総格があります。

画数の数え方をここでは紹介していきます

場合によっては様々な数え方がありますのでここでは一例をお伝えします。

漢字は普段使っている字体で数えて問題ありません。
ひらがなとカタカナに関してはそれぞれ一度筆が止まる場所で一画とします。
漢数字は漢字の意味が画数となり、濁音に関しては2画と数えてください。
しかし半濁音の場合は一画とします。

命名する時に画数を気にするならどこの部位に注意すべき?

命名する際画数に気を付ける場合は、主運に最も気を付けましょう。
主運とは運勢の中心的な役割を担うので、主運が吉数であれば問題ないのです。
主運が一生の運勢を左右するほどの影響力を持っているのです。

もちろん、主運以外の格とそのバランスによっては主運が吉でも不幸だと感じる人もいますし、主運が良くなくてもさほど不幸を感じないという人もいます。

それでも主運が良いに越したことはないでしょう。

そして主運が吉数であるだけでなく、三才の配置も重要になってきます。

三才の配置のバランスが悪ければいくら画数が良くてもその吉祥を発揮することができませんので、三才の配置を無視することはできません。

命名の画数を気にするメリットは?

子供に命名する場合、画数を気にするメリットとしては多くある名前の候補から少しでも選択しを絞る事ができることにあるでしょう。

名前を決める場合は多くの選択肢があり、ついつい一つに決められずに迷ってしまいますよね。
そういったときに最もよい画数にすることを判断の基準にするのは良いかもしれません。
やはり、親心としては我が子に最もよい運勢をもつ画数の名前を付けてあげたいですよね。
悪い画数よりは不安材料も減りますし、できるだけの事はしてあげたいと思うでしょう。
中には画数はあまり気にしないという人はもちろんいます。

その理由としては、画数にとらわれて自分のつけたい名前を付けてあげられないのは嫌だと考える人もいます。

また、姓名判断など占い自体をあまり信じていないという人にとっては、重要視するところではないのでしょう。

女の子はのちのち苗字も変わってしまいますので画数よりも、漢字の意味を重視してあげたいというのも意見の一つです。

命名で画数以外で気にしたいこと

子供の名前を命名する時に、画数以外にも気を付けたいこと

それは、名前の漢字を正しく読めるかどうかを考えてあげましょう。

あまりに複雑だったり無理な当て字にしたり、何通りも読めるような名前は避けてあげた方が良いでしょう。

何通りも読める呼び方だと幼稚園の頃から先生にとっては厄介ですし、病院や役所などでもスムーズに手続きが進まないこともあります。

本人のことを考えても、毎回自分の名前が間違って呼ばれていると気分も悪いですし、訂正する時間も取られてしまいます。

あえて変わった当て字やキラキラネームをつける親もいますが、子供の将来の事を考えると避けた方が良いかもしれませんね。

大人になったときには話のネタにもなるかもしれませんが、毎回名前をいじられるストレスはなかなかのものだと思います。

画数を最も重視するのか、漢字の意味を重視するのか、名前の由来を重視するのかは人それぞれです。

子供の名前を決める際は夫婦間や親族の間でもどういった点にこだわりたいのかをしっかり確認した上で、お互い歩み寄って命名した方がトラブルにならないので良いでしょう。