注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?
最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが、命名で気にすることの一つに画数があります。

なぜ命名で画数を気にしてしまうのか。逆に気にしない人もいるのか。

それぞれの意見を調べてみました。
画数を気にする人が知りたい情報もありますのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

絵が上手い人に共通する特徴!絵が苦手な人の上達のヒント

絵やイラストが上手な人には共通する特徴があります。絵が上手いのは持って生まれた才能とも言われます...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることも...

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか?しかし、最近はそれだけではな...

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

スポンサーリンク

命名する時画数を気にする?それとも気にしない?

子供の名前を命名するとき、画数を気にするか気にしないかには様々な理由があります。
画数をあまり気にしないという場合は、占いを気にするよりも名前に込めた想いを優先したいという考えがあるようです。

画数を気にするという意見としては、せっかく名前を付けるのであればできるだけ画数が良くて縁起のよい名前にしてあげたいという気持ちが強いようです。

また、周りの人やお互いの両親が画数を気にするという場合もありますし、将来自分の子供が自分の画数を調べた時にがっかりした気持ちにさせたくないという意見もあります。
名前を悩んでいる場合は画数が良いに越したことがないので画数の良いほうを選びたいと思うのでしょう。

命名する場合は画数にこだわるのか、名前の由来にこだわるのか、漢字の意味にこだわるのか人それぞれでしょう。

どれが一番大事なのかは自分自身で決めるものですので何がダメというわけではありません。

命名する時に画数を気にする親は多い!画数の数え方は?

子供に命名する場合は画数を気にする親は多いと思います。
姓名判断では画数は大きな判断基準となりますので慎重に決めたいものです。

ちなみに姓名判断は漢字の画数から5つの格数を計算してその人の人生の運勢・性格などを解釈していきます。
5つの格数とは、天格・人格・地格・外格・総格があります。

画数の数え方をここでは紹介していきます

場合によっては様々な数え方がありますのでここでは一例をお伝えします。

漢字は普段使っている字体で数えて問題ありません。
ひらがなとカタカナに関してはそれぞれ一度筆が止まる場所で一画とします。
漢数字は漢字の意味が画数となり、濁音に関しては2画と数えてください。
しかし半濁音の場合は一画とします。

命名する時に画数を気にするならどこの部位に注意すべき?

命名する際画数に気を付ける場合は、主運に最も気を付けましょう。
主運とは運勢の中心的な役割を担うので、主運が吉数であれば問題ないのです。
主運が一生の運勢を左右するほどの影響力を持っているのです。

もちろん、主運以外の格とそのバランスによっては主運が吉でも不幸だと感じる人もいますし、主運が良くなくてもさほど不幸を感じないという人もいます。

それでも主運が良いに越したことはないでしょう。

そして主運が吉数であるだけでなく、三才の配置も重要になってきます。

三才の配置のバランスが悪ければいくら画数が良くてもその吉祥を発揮することができませんので、三才の配置を無視することはできません。

命名の画数を気にするメリットは?

子供に命名する場合、画数を気にするメリットとしては多くある名前の候補から少しでも選択しを絞る事ができることにあるでしょう。

名前を決める場合は多くの選択肢があり、ついつい一つに決められずに迷ってしまいますよね。
そういったときに最もよい画数にすることを判断の基準にするのは良いかもしれません。
やはり、親心としては我が子に最もよい運勢をもつ画数の名前を付けてあげたいですよね。
悪い画数よりは不安材料も減りますし、できるだけの事はしてあげたいと思うでしょう。
中には画数はあまり気にしないという人はもちろんいます。

その理由としては、画数にとらわれて自分のつけたい名前を付けてあげられないのは嫌だと考える人もいます。

また、姓名判断など占い自体をあまり信じていないという人にとっては、重要視するところではないのでしょう。

女の子はのちのち苗字も変わってしまいますので画数よりも、漢字の意味を重視してあげたいというのも意見の一つです。

命名で画数以外で気にしたいこと

子供の名前を命名する時に、画数以外にも気を付けたいこと

それは、名前の漢字を正しく読めるかどうかを考えてあげましょう。

あまりに複雑だったり無理な当て字にしたり、何通りも読めるような名前は避けてあげた方が良いでしょう。

何通りも読める呼び方だと幼稚園の頃から先生にとっては厄介ですし、病院や役所などでもスムーズに手続きが進まないこともあります。

本人のことを考えても、毎回自分の名前が間違って呼ばれていると気分も悪いですし、訂正する時間も取られてしまいます。

あえて変わった当て字やキラキラネームをつける親もいますが、子供の将来の事を考えると避けた方が良いかもしれませんね。

大人になったときには話のネタにもなるかもしれませんが、毎回名前をいじられるストレスはなかなかのものだと思います。

画数を最も重視するのか、漢字の意味を重視するのか、名前の由来を重視するのかは人それぞれです。

子供の名前を決める際は夫婦間や親族の間でもどういった点にこだわりたいのかをしっかり確認した上で、お互い歩み寄って命名した方がトラブルにならないので良いでしょう。