注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?
最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが、命名で気にすることの一つに画数があります。

なぜ命名で画数を気にしてしまうのか。逆に気にしない人もいるのか。

それぞれの意見を調べてみました。
画数を気にする人が知りたい情報もありますのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

母親でいるの疲れた。やめたいならやめちゃおう!

母親でいるの疲れた。もう、やめたい…。わかるわかるわかる!わかりますよ!24...

手先が不器用な子供のトレーニング方法!身近な遊びとお手伝い

お子様が器用なタイプか不器用なタイプか、気になっている方も多いと思います。親が不器用だから、...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

同性の嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい!男が男に嫉妬するとき

同性の嫉妬。男VS男。男の嫉妬は恐ろしいのです!女性は感情で好き嫌いを判断しますが、...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

嫁が無視をする心理とは?無視をされた時の対処方法や予防法

嫁が無視をしてくるときの心理とは?なんで急に怒り出したのか、わからない旦那さんはもしかしたら気がつか...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

スポンサーリンク

命名する時画数を気にする?それとも気にしない?

子供の名前を命名するとき、画数を気にするか気にしないかには様々な理由があります。
画数をあまり気にしないという場合は、占いを気にするよりも名前に込めた想いを優先したいという考えがあるようです。

画数を気にするという意見としては、せっかく名前を付けるのであればできるだけ画数が良くて縁起のよい名前にしてあげたいという気持ちが強いようです。

また、周りの人やお互いの両親が画数を気にするという場合もありますし、将来自分の子供が自分の画数を調べた時にがっかりした気持ちにさせたくないという意見もあります。
名前を悩んでいる場合は画数が良いに越したことがないので画数の良いほうを選びたいと思うのでしょう。

命名する場合は画数にこだわるのか、名前の由来にこだわるのか、漢字の意味にこだわるのか人それぞれでしょう。

どれが一番大事なのかは自分自身で決めるものですので何がダメというわけではありません。

命名する時に画数を気にする親は多い!画数の数え方は?

子供に命名する場合は画数を気にする親は多いと思います。
姓名判断では画数は大きな判断基準となりますので慎重に決めたいものです。

ちなみに姓名判断は漢字の画数から5つの格数を計算してその人の人生の運勢・性格などを解釈していきます。
5つの格数とは、天格・人格・地格・外格・総格があります。

画数の数え方をここでは紹介していきます

場合によっては様々な数え方がありますのでここでは一例をお伝えします。

漢字は普段使っている字体で数えて問題ありません。
ひらがなとカタカナに関してはそれぞれ一度筆が止まる場所で一画とします。
漢数字は漢字の意味が画数となり、濁音に関しては2画と数えてください。
しかし半濁音の場合は一画とします。

命名する時に画数を気にするならどこの部位に注意すべき?

命名する際画数に気を付ける場合は、主運に最も気を付けましょう。
主運とは運勢の中心的な役割を担うので、主運が吉数であれば問題ないのです。
主運が一生の運勢を左右するほどの影響力を持っているのです。

もちろん、主運以外の格とそのバランスによっては主運が吉でも不幸だと感じる人もいますし、主運が良くなくてもさほど不幸を感じないという人もいます。

それでも主運が良いに越したことはないでしょう。

そして主運が吉数であるだけでなく、三才の配置も重要になってきます。

三才の配置のバランスが悪ければいくら画数が良くてもその吉祥を発揮することができませんので、三才の配置を無視することはできません。

命名の画数を気にするメリットは?

子供に命名する場合、画数を気にするメリットとしては多くある名前の候補から少しでも選択しを絞る事ができることにあるでしょう。

名前を決める場合は多くの選択肢があり、ついつい一つに決められずに迷ってしまいますよね。
そういったときに最もよい画数にすることを判断の基準にするのは良いかもしれません。
やはり、親心としては我が子に最もよい運勢をもつ画数の名前を付けてあげたいですよね。
悪い画数よりは不安材料も減りますし、できるだけの事はしてあげたいと思うでしょう。
中には画数はあまり気にしないという人はもちろんいます。

その理由としては、画数にとらわれて自分のつけたい名前を付けてあげられないのは嫌だと考える人もいます。

また、姓名判断など占い自体をあまり信じていないという人にとっては、重要視するところではないのでしょう。

女の子はのちのち苗字も変わってしまいますので画数よりも、漢字の意味を重視してあげたいというのも意見の一つです。

命名で画数以外で気にしたいこと

子供の名前を命名する時に、画数以外にも気を付けたいこと

それは、名前の漢字を正しく読めるかどうかを考えてあげましょう。

あまりに複雑だったり無理な当て字にしたり、何通りも読めるような名前は避けてあげた方が良いでしょう。

何通りも読める呼び方だと幼稚園の頃から先生にとっては厄介ですし、病院や役所などでもスムーズに手続きが進まないこともあります。

本人のことを考えても、毎回自分の名前が間違って呼ばれていると気分も悪いですし、訂正する時間も取られてしまいます。

あえて変わった当て字やキラキラネームをつける親もいますが、子供の将来の事を考えると避けた方が良いかもしれませんね。

大人になったときには話のネタにもなるかもしれませんが、毎回名前をいじられるストレスはなかなかのものだと思います。

画数を最も重視するのか、漢字の意味を重視するのか、名前の由来を重視するのかは人それぞれです。

子供の名前を決める際は夫婦間や親族の間でもどういった点にこだわりたいのかをしっかり確認した上で、お互い歩み寄って命名した方がトラブルにならないので良いでしょう。