注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかしたら噛まなくても食べることができるものなのかもしれません。

また、食べるときにあまりにも急かすと噛まない食べ方となってしまう?

よく噛んで食べることは難しいかもしれませんが、まずは噛むことになれるために食事を工夫してあげるといいかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

ギターの練習場所に困った時におすすめの場所と自宅での防音対策

ギターの練習をしたいと思っても、近所への音漏れが迷惑にならないかと不安になって、なかなか練習できない...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

スポンサーリンク

1歳半はご飯を噛まないというよりも噛めないのが原因

1歳半になると、離乳食から幼児食へと切り替わり、食べることが出来るものが増えてきます。

今まではペースト状のご飯だったものが、だんだんと固形状になり、味付けにも変化が出てくると食事に興味を持つ子供も増えてきます。

しかし、お母さんが気になることとして、噛まないということがあります。

最近では、噛まないのではなく噛めない子供が多くなってきているようです。

物を噛めない一番の原因として考えられることは、歯にあります。
柔らかく十分に噛まなくても、問題なく食べられるご飯ばかりだと、噛むという準備が出来ていないことがあるのです。

年齢や歯の生え方に合わせて、段階を変えて食事を与えることが理想です。

肉や繊維の多い根菜類を無理に食べさせようとしても、食べにくく拒否することもあるので、そのようなときは食べやすいように工夫してみましょう。

1歳半がご飯を噛まないのは食べやすいものだから?

柔らかく、噛まなくても食べられることが習慣になると、噛まないということが癖になってしまいます。

噛まなくても問題ないと、誤った認識が根付いてしまうのです。
噛まずにご飯を食べると、消化にも影響して、子供の小さな体に負担がかかってしまうこともあります。

また早食いにもなり、肥満の原因になるとも言われています。
同じご飯でも、食べ方で体が変わってくるのです。

たくさん噛むことで、あごや周りの筋肉の発達にも繋がり、歯並びにも影響します。
あごや筋肉が発達しないと、歯の生えるスペースが十分ではなくなり、歯並びが悪くなったり、必要な歯が生えてこないということにもなってしまいます。

対策として、意識的に噛むようなご飯を用意してみてもいいでしょう。
小さく切った食材は、あまり噛まなくても食べられるので、あえて大きめに切るようにします。

スティック状にしてもいいでしょう。

噛まない時で食べるときには歯ごたえや、噛む回数が多い食材を

  • こんにゃく
  • ごぼう
  • れんこん
  • きのこ
  • リンゴ
  • イカ
  • タコ
    などが歯ごたえのある、噛みにくい食材ですね。

親が一緒に噛むしぐさを見せたりすると、子供も真似してモグモグします。
噛むということを、教えてあげるようにしましょう。

ご飯を噛まない1歳半にはこうして声かけ

ご飯を噛まないで食べているようなら、直接カミカミしてねと声をかけてあげましょう。
まだ1歳半の小さな子どもですから、自分で噛んでいないという自覚がほとんどありません。

親が声をかけて、噛むことを意識させてあげる必要があります。

一緒にご飯を食べて、親が大きく噛む動作を見せてあげると、真似して子供も一生懸命噛むように食べます。

1歳半の子供は、些細なことが原因となり噛まなくなることがあります。

例えば、お母さんが食べることを急かしたりしていませんか。
1歳半だと、まだまだ自分のペースで長いときだと、1時間以上かかることも少なくありません。

お母さんは早く片付けをしたいですよね。

しかし、この何気ないやり取りが子供に噛まない癖を付けてしまうことになります。
早く食べるためには、噛む回数を減らすようになってしまいます。

癖が付かないように、少々時間がかかっても気長に見守ってあげる必要があります。

1歳半のご飯は楽しく美味しく!食べやすいけれどよく噛むものとは?

1歳半だと、そのときの気分でご飯に興味を示すときと、そうでないときがあります。
なので、ご飯は楽しくて、美味しいことだと思えるように、時には工夫も必要です。

奥の歯茎では、固めのゆで卵くらいのご飯をつぶして食べる練習をします。
揚げ物や大きめに切ったものも、だんだん食べられるようになります。

いろいろな食感や大きさ、歯ごたえのご飯を食べさせて噛む練習をしていきましょう。

また、前歯で噛みちぎる練習も大切です。
噛みちぎることが出来ないと、もう少し成長したときに肉類を食べるときに本当に苦労します。

興味があるようなら、自分でスプーンとフォークを使ったり、手づかみなどで食べさせてあげてもいいでしょう。

一緒に味噌汁やスープを添えると、水分で流し込むことがあります。
噛む練習の時期は、一緒に汁物は控えた方がいいでしょう。

ご飯を噛まようになるレシピをご紹介!子どもの成長に合わせて作ってあげよう

ご飯を自然と噛むようになるコツをご紹介

  • 歯ごたえのある食材
  • 食材は大きめに切る
  • いろいろな固さの食材を取り入れる
  • 味付けは薄めにする

このようなことを踏まえて、レシピを紹介していきましょう。

ポテトサラダ

じゃがいも・ゆで卵・きゅうりを用意します。

じゃがいもは潰すのではなく、1cm角に切った状態で作ります。

ゆで卵は少し固めに茹でて、黄身をほぐして盛り付けましょう。

まぐろの照り焼き

まぐろの刺身をスティック状に切り、みりんと醤油で味付けします。
一緒に茹でた野菜もスティック状で盛り付けると、パクパク食べやすいですね。

鶏ささみのコンフレーク揚げ

鶏のささみをスティック状に切り、細かく砕いたコンフレークをパン粉の代わりにまぶします。

コンフレークに、ほのかな甘味があるので特に他に味付けしなくても美味しく食べられますが、お好みでカレー粉などで味付けしてもいいですね。