注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

中国の結婚式はいくらご祝儀が必要?日本とは違う中国の風習

中国の結婚式と聞いてピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。
中国の結婚式は日本とは違うため、ご祝儀から服装に至るまで注意が必要です。

中国の結婚式ではご祝儀が必要?相場や渡し方は?ご祝儀の額は日本のように奇数がいいの?

ご祝儀の相場は地域やその人との関係性によって大きく異なるようです。
相場を参考に、一緒に出席する人と相談した上で決めると安心でしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レンズを買うなら中古?それとも新品?違いとレンズの選び方

カメラレンズを買うときには中古にするか新品にするか悩んでしまいますよね。値段が値段なだけに、どちらも...

彼氏が家に来るのが嫌だ!図々しい彼氏との今後について

彼氏が家に来るの、嫌だ! 最初の頃は楽しかったけど、今では私の部屋で自分のオウチのようにくつろ...

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

ショートヘアの切り方とは?女性がセルフで切る場合の注意点

美容室へ行きたいと思っても「お金もかかるし、ゆっくり行ける時間もないし…。」と前回行ってから期間が空...

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか? どうして食べるのでしょうか? 人間、食べ物...

ダンス苦手!でも踊りたい!苦手の原因と克服方法そして練習方法

ダンスが苦手なのはどうしてでしょうか? ダンスを踊りたい! キレッキレのダンスを踊りたい! 頭...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。 でも毎日コテを使うとな...

免許証の写真の仕上がりが良くなる服装とヘアメイク・ポイント

免許証の写真を人に見せることができないという人は多いのではないでしょうか。免許証の写真を写す時、服装...

ファーストピアスを開けて1ヶ月経っても痛い時の原因と対処法

ファーストピアス開けて1ヶ月、そろそろ穴が完成する頃の予定が、ずっと痛いままだという人もいますよね。...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか? 自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

ワイシャツの腕まくりがヤバい!女子がときめく着こなしとマナー

男性がワイシャツを腕まくりして少し着崩している姿がかっこよくてヤバい!という女性もいます。腕まくりし...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

彼女がアイプチしてる!嫌なのは不自然だから?それとも…

彼女がアイプチをしていたら嫌ですか? 彼女の化粧をとった顔を見たら、なんとそこには見知らぬ人が...

雰囲気が変わったと言われた!変化が現れた新しい自分

雰囲気が変わったと言われた!これって褒め言葉なの?そうです!褒め言葉です! 素直に「ありがとう...

スポンサーリンク

中国の結婚式ではご祝儀が必要?相場や渡し方は?

近年では、国際結婚する人も増えてきています。

日本のお隣の国の「中国」では、日本とは結婚式のしきたりやご祝儀などに違いがあります。

日本と距離が近い中国では、同じアジア圏ということもあり、結婚式に招待されるということもあるかもしれません。

中国での結婚式に招待された場合、どのようなことに注意したら良いのでしょう。

まず、結婚のお祝いである「ご祝儀」。
これは、日本と同様、結婚した2人へのお祝いとして渡す習慣があります。

日本では、水引がほどけない「結びきり」の袋を選ぶことが一般的です。

中国では、全体に光沢がかった赤い色の祝儀袋(紅包)に祝儀を入れます。

日本でも、中国の雑貨を取り扱うお店に置いていることもありますが、ひと目見ただけでおめでたい感じがダイレクトに伝わる真っ赤な袋です。

この袋は、大抵は中国のスーパーやコンビニにも置いてありますので、日本でご祝儀袋が見つからない場合は、現地で調達できるので心配いりません。

次に、一番悩むのがご祝儀の額ではないでしょうか。

日本国内でも、地域や関係性にもよって変わるのがご祝儀の額です。

それが、中国での結婚式となると予想がつきませんよね。

調べたところ、中国でもやはり地域によって祝儀の額に違いがあるようです。

上海、浙江省は1000元、北京、深圳はやや低い800元、雲南省は100元、そして香港が1000香港ドルが平均のご祝儀額となっています。

中国の国土が広いとはいえ、同じ国内でもご祝儀の額に10倍もの開きがあるのは驚きです。

中国の結婚式に出席する時に悩むご祝儀の額、日本のように奇数がいいの?

日本では、偶数の数字の金額をご祝儀にすると、2つに割れるという意味を持つため縁起が悪いとして、避けることがあります。

中国では、結婚して夫婦になった「2人」が1つの家庭をつくるという意味から、日本とは逆で偶数の数字の金額を包むことが結婚においては良いとされています。

偶数は、中国では双数と呼ばれ、均衡や調和がとれて円満な状態を象徴している数字です。

ご祝儀の額としては、地域性や夫婦との関係性にもよりますが、200元~1000元です。

そのうち、平均的なご祝儀の額は600元~800元となっています。

特に、中国では「六」や「八」の数字がとても縁起が良いとされているので、好んでこれらの数字を使う中国の方もたくさんいるほどです。

ただし、広い中国では、地域によっては、日本と同様に、奇数の金額を包むところもあります。有名なところでは広東省です。

この辺の地域では、割り切れない数字が良いという日本の考え方と同じ考えが浸透しています。

日本における奇数がご祝儀には良いという考えは、もしかしたら中国から伝わってきたものかもしれませんね。

中国の結婚式で包むご祝儀は相場が決まっているわけじゃない?その理由とは

日本の結婚式では、年代や地域、関係性などによってご祝儀の相場が大体決まっていますよね。

結婚式に招待された場合、その相場を調べてご祝儀を用意することが多いのではないでしょうか。

しかし、中国には、このようなご祝儀の相場は存在しません。

何故かというと、中国では、日本よりも個人の収入に大きな開きがあるからです。

そのため、みんなが同じ金額でなくて良いという考えが根本にあり、自分が出せる範囲の金額をご祝儀として出すことが一般的です。

中国の結婚披露宴は、日本と同じようにホテルで行うことが多いようです。

中国に住む20~30代の方に聞いたところ、ご祝儀は親友や親戚であれば1000~2000元という回答が多いという結果になりました。

これは、日本円に換算すると約1万7000円~3万4000円で、日本とあまり変わらない相場と言えます。

中国では、偶数の金額を一般的に好むと言われていますが、「4」の数字は、日本と同様に縁起が良くない数字とされているので、「400元」のご祝儀は存在しないようです。

中国の結婚式は日本とどこが違うの?

日本の結婚式と中国の結婚式では、披露宴の形式に大きな違いがあります。

日本では、招待客が決まったら招待状を発送して、席次を作成しますが、中国の披露宴では、席次がありません。

招待状を送っても、出席するかしないかは受け取った本人次第なのです。

席が決まっていないので、披露宴の間は出入りも自由。ゲストが次々に訪れて、料理もどんどん運ばれてくるスタイルです。

受付もないため、まったく知らない人の披露宴に参加しようと思えばできてしまうのが中国スタイルです。

披露宴に出席する場合、日本ではパーティーらしい華やかな服装をして参加することが一般的ですが、中国の披露宴はカジュアルなので、Tシャツにデニムという日本では信じられないような服装のゲストがたくさんいます。

日本のマナーを意識してフォーマルスタイルで参加すると、会場で1人浮くことになってしまいます。

着ていくのであれば、カジュアルなワンピースがおすすめです。

また、中国では、国旗にも象徴されるように「赤」がシンボルカラーであり、おめでたいハレの日などにも使われる色です。

花嫁は、キリスト教式の結婚式の場合でも、必ず赤の伝統衣装であるチャイナドレスを着用して、結婚式に臨みます。

中国の結婚式はゲストの服装がカジュアル!

日本の結婚式に何度も参加した経験があれば、中国の結婚式での招待客のあまりに普通の服装に驚くことがあるのではないでしょうか。

中国の結婚式では、招待客は派手すぎす、カジュアルすぎない、普通の服装で参加することが一般的です。

Tシャツにダメージジーンズにサンダル履きというのはさすがにNGですが、普段買い物に出かけるくらいのカジュアルな服装で参加している人がほとんどです。

これは、あえて主役である新郎新婦を引き立たせるための中国流のマナーなのです。

日本では、新婦のウェディングドレスの白と被らないように、白の服装は避けるのがマナーですが、これは中国でも同じで、白や赤の服装は避けましょう。

男性の場合は、白いシャツに黒いスーツは日本では礼服として一般的ですが、中国ではお葬式に着る服装になるため、中国の結婚式では避けた方が良いでしょう。

ただし、中国でのどんな結婚式においても上記のことが当てはまるという訳ではありません。

資産家や政治家つながりの結婚式では、例外もあります。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686