注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょうか?

では、新生児がミルクを飲んだ後のゲップの仕方の上手なコツとはどんな方法なのでしょうか?

また、ゲップをさせようとすると吐くときはどうしたらいいのでしょうか?対処法とは?

そこで、新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法、さらにゲップをさせる時期と注意点などについてもご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

手先が不器用な子供のトレーニング方法!身近な遊びとお手伝い

お子様が器用なタイプか不器用なタイプか、気になっている方も多いと思います。親が不器用だから、...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

宿題をやらない!一年生が宿題をサクッとやっちゃう魔法の言葉とは

宿題をやらない子どもを見ているとイライラしちゃいますよね?『宿題やりなさい』ってついつい命令して...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

海外の赤ちゃんが一人で寝るようしつけられる理由とは

日本では赤ちゃんが産まれると、ママが添い寝をしてずっと見守るのが一般的です。しかし海外では、...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

スポンサーリンク

新生児がミルクを飲んだ後のゲップの仕方やタイミングとは

新生児がミルクを飲んだ後のゲップの仕方やタイミングはいつなのでしょうか?

赤ちゃんがミルクを飲んだ後にママがゲップを出させてあげるのは、本当に短い期間なのです。
ゲップを出してあげるのが必要な期間は、首が座るまでなので早い子で3ヶ月ほどです。

長くても5ヶ月~6ヶ月くらいまでの間で、この頃には寝返りも上手にできるようになるので、寝返りをしてうつ伏せになり、お腹が圧迫されることでゲップが出ます。

赤ちゃんはミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでしまうため、ゲップとして空気を出すのです。

一生懸命にミルクを飲む赤ちゃんや飲むときに上向きの赤ちゃんほど、空気を多く飲んでしまいます。

母乳の赤ちゃんは吸い口が大きくないため、ゲップが少なめです。

新生児のゲップのタイミングは、空気を大量に飲んでお腹に溜まると苦しいときにゲップが出ます。

新生児がミルクを飲んだ後のゲップの仕方の上手なコツは?

新生児がミルクを飲んだ後のゲップの仕方の上手なコツは何でしょうか?

上手なゲップの仕方は、ママの肩でゲップをさせることです。

ミルクを飲ませたあと、赤ちゃんを縦抱きにして胃のあたりがママの肩に来るように乗せます。

ゲップが出やすいように、胃から口までを真っ直ぐにさせてあげ、背中は柔らかいカーブになるように抱いてあげましょう。

空気が上がってくるように背中を下から上に優しくさすります。
それでもゲップが出ないときは、優しくとんとんと背中を叩いてあげましょう。
ゲップが出ないからと強く叩くのはやめましょう。
強い刺激は赤ちゃんの体を緊張させてしまい、ゲップが出にくくなってしまうのです。

また、ママの膝の上でゲップをさせる方法もあります。

赤ちゃんを横向きに膝の上に座らせて、ママの腕に寄りかからせるようにして赤ちゃんの上半身を支えます。
片手は赤ちゃんのわき腹をしっかりと支え、もう片方の手は赤ちゃんの背中をさすってあげます。

1日に何度も赤ちゃんにゲップをさせている助産師の人は、この方法を取ることが多いようです。
体重が重くなってくると、この方法のほうがママの負担が少なくゲップをさせられます。

どちらの方法でも、赤ちゃんがゲップと一緒にミルクを吐き戻してしまうことが多くあるため、ガーゼなどを肩や腕にかけてから行うと洗濯物が少なく済みますよ!

ゲップを出さないまま横にしてしまうと吐き戻してしまうことが多くなってしまうので、できるだけゲップは出させるようにしましょう。
赤ちゃんが吐き戻してしまうのはよくあることなので、神経質にならなくても大丈夫ですよ。

新生児がミルク後にゲップの仕方のコツで出なくても気にしない!

新生児がミルク後にゲップが出なくても気にしなくて良いです!

上記の方法でゲップを出させようとしているのに、なかなかゲップが出ずに何十分も頑張るという人も少なくありません。

ゲップが出ないときは何をしても出ないので、諦めて寝かせてあげましょう。
寝かせたときにお腹のなかの空気が動いてゲップが出ることもあります。
それでもゲップが出なかった場合、おならとして空気を外に出すので問題はありません。

しかし、ゲップが出ていないときは吐き戻す可能性が高いので、吐き戻したミルクで赤ちゃんの息がつまらないように赤ちゃんの体の右側を下にして横向きに寝かせてあげましょう。

右側を下にすることでスムーズに消化することができるのです。

ゲップをしないことでママがストレスを感じることは良くありません。
赤ちゃんはママのストレスを感じ取ることができるので、そんなママを見ていると悲しくなってしまいます。

赤ちゃんのゲップを出させてあげられるのは生後3ヶ月~6ヶ月頃までなので、この短期間のイベントを楽しまないと損です!
ゲップが出ないからとイライラせずに頑張っていきましょう。

ゲップをさせようとすると吐くときの対処法とは

ゲップをさせようとすると吐いてしまうときの対処法とはどんなものがあるのでしょうか?

ゲップをさせようとして赤ちゃんが吐いてしまうことは、よくあることなので心配はいりません。
赤ちゃんの胃は大人と違い、とっくりのような形をしています。
さらに、胃の入り口の筋肉がまだ発達していないので、胃の中のものが出やすくなっているのです。

ゲップをさせようと体勢を変えたり、ゲップをさせるときに空気と一緒に吐き戻してしまうことはよくあります。

吐き戻しても赤ちゃんの様子に問題が無ければ心配いりません。
赤ちゃんの体重が順調に増えていれば問題もありません。

頻繁に吐いたり飲んだミルクを噴水のように何度も吐き戻したりするときは、小児科を受診してください。

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎると胃の入り口の筋肉も発達してきますし、飲む量も調節できるようになるので吐き戻すことが減っていくのです。

赤ちゃんにゲップをさせる時期と注意点

赤ちゃんにゲップをさせるときに注意することはなんでしょうか。

ゲップをさせるときに注意することは、ゲップが出ないからと強く叩いたりゆすったりしないことです。
刺激があまいのかな?と強く叩いてしまう人がいますが、それは逆効果になってしまいます。
まずはコツを掴んで赤ちゃんのゲップが出やすい角度などを見つけましょう。

赤ちゃんにゲップをさせるのは生後3ヶ月~6ヶ月までです。

首が座ったり寝返りをするようになると、自分の力でゲップを出せるようになるのです。
縦抱きにしてもゲップが出ないことが増えたら、ゲップをさせるのをやめても良いです。

ゲップが出なくて苦しそうにしていたり、不快な様子が見られた場合は時期に関係なくゲップをさせてあげましょう。
生後8ヶ月頃までゲップの補助が必要な赤ちゃんも少なくないので安心してください。