注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪をストレートにキープする方法!くせ毛の前髪対処法

くせ毛で悩む人は多くいますが、中でも厄介なのが前髪ですよね。

髪の全体的なうなりなら束ねたりアレンジしたりして、髪のクセを目立たなくさせることはできますが、下ろしている前髪はどうしようもできません。
前髪がイマイチ決まらないと、テンションも上がりませんよね。

前髪のくせ毛をストレートにキープするコツやブロー方法などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一重男子を好きな女性の理由とスッキリイケメンになる方法とは

一重男子が好きだという女性が最近増えていますが、ただの一重男子ではなく女性が好きなスッキリイケメンに...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

謝罪の菓子折りを受け取らない時の感情と対処法と渡し方を紹介

相手に迷惑を掛けてしまった際にお詫びに伺う場面もあると思います。謝罪の言葉と共に、お詫びの菓子折...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

母子家庭が結婚の弊害に…。彼女との結婚を反対された時の対処法

母子家庭は今や珍しくありませんし、母子家庭だからと偏見を持つのはどうかと思いますが、息子の結婚相手の...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

結婚式が中止になるのはどんなとき?天候で中止となることは

強風や大雨、大雪など台風のような天候が荒れているときに結婚式の中止となることはあるのでしょうか? ...

【男子向け】眉毛を整える方法~簡単お手入れのコツ

あなたの眉毛はきちんと手入れがされたスッキリとした印象ですか?眉毛なんて一度も整えたことがないと...

彼女が男友達と海に遊びに行く時の彼氏の本音や嫉妬の対処法

自分の彼女が友達と海に遊びに行く、その中に男友達もいると聞いたらどう感じますか?全然気にしな...

化粧下地の正しいやり方を知って輝く肌を長持ち!塗り方や色選び

化粧下地は使っていますか?朝は時間がない、そもそも必要あるの?という方必見です!化粧下地...

別れ話の保留ってどのくらいの期間?結局連絡ないまま自然消滅に

別れ話になって『今までありがとう!お幸せに!』なんて、さわやかに別れられることはありませんよね?...

趣味にかけるお金の月平均は?30代既婚男性の趣味のお金の相場

30代の既婚男性は、一ヶ月にいくらのお金を趣味に使用しているのでしょうか。30代の既婚男性の中には、...

長子と末っ子は離婚しやすいってホント?その理由とは

長子と末っ子は結婚しても離婚しやすい?長子と末っ子は、なんとなく相性が良さそうな感じがしますが実際に...

絵のコツ【顔の描き方】上達するポイントやバランスの取り方

絵のコツについて、顔が上手に描けないという人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?人の顔を...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

スポンサーリンク

前髪をストレートにキープ!まずは水分で濡らす

前髪のクセで悩む人も多いでしょうが、このうねる前髪をなんとかしたいですよね。

できれば前髪をストレートにキープしたい!

そんなクセで悩む前髪をストレートにしたいなら、まずはしっかりと前髪を濡らすことです。

クセでうねる前髪は、ただドライヤーで伸ばそうとしても簡単には直りません。

このクセを直すためには、髪に水分を与えることが大切なのです。

髪の内部まで水分が浸透すれば、困ったうねりも取れやすくなりますよ。

前髪を濡らしてからドライヤーで伸ばせば、時間も短縮することが可能なんです。

では、前髪の濡らし方ですが、根元からしっかりと濡らすのがポイントです。

前髪を片手で掴み、かき分けながら濡らすといいでしょう。

まるでシャンプーした後にタオルドライした時のようになるのがオススメです。

特に強いクセには、ただの水ではなく、寝ぐせを取るミストスプレーなどを使うといいでしょう。

ブローでしっかりストレートをキープ!真っ直ぐ前髪のコツ

真っ直ぐ前髪のコツは、ブローでしっかりストレートにすることです。

ドライヤーを使ってしっかりとストレートにブローしましょう。

はじめに前髪を全体的に濡らしたら、利き手にロールブラシを持って、反対の手にドライヤーを持ちましょう。

ロールブラシの毛と毛の間に髪の毛を挟み込むように内側に巻いて、上からドライヤーの温風を当てていきます。

そのままロールブラシを毛先まで滑らせて、ドライヤーもブラシの動きに合わせて動かしましょう。

最後に表面の髪だけをすくってもう一度ブローすると、髪の毛の表面にツヤが出るのでオススメですよ。

前髪が真っ直ぐにブローできたら、全体的に冷風を当てます。

そうすることで、ストレートがキープされるようになるのです。

ぜひ試してみてくださいね。

ストレートな前髪をキープするのに使いやすいアイテム

ストレートな前髪をキープするためには、どんなアイテムを使うとしやすいのでしょうか。

まず、ストレートにブローするためにはブラシを使いますが、できるだけ小さめな物を使うと、より綺麗に仕上がりますよ。

それに、小さめのもののほうが使いやすいのです。

素材は天然毛のものだと静電気も起きにくいでしょう。

どうしてもクセが取れないと言う場合は、カーラーを使うのがオススメですよ。

前髪を濡らしてから、軽くブローをします。

この後、さらにカーラーで巻き付けて、そのまま時間を置きましょう。

すると、前髪のクセが綺麗に取れますよ。

前髪を巻くカーラーは、手頃な値段で売ってる物で構いません。

マジックカーラーだと前髪を巻きやすいので便利ですよ。

時間のないときは、カーラーで巻いたまま、その上からドライヤーをかけてもいいでしょう。

ただし、うっかりするとクルンとしたクセが付いてしまうので、程々で外すようにしてくださいね。

ストレートな前髪作りにはストレートアイロンもおすすめ

前髪をストレートにしたいのであれば、ストレートアイロンも使えますよ。

ストレートアイロンを使うと、挟む内側だけに熱を持ちますので火傷の心配もありません。

それに、短時間で簡単にカールがつくので、時短にもなりますよね。

ブラシとドライヤーを使ったブローよりも、あっという間にストレートな前髪を作りやすいでしょう。

忙しい朝にはとてもオススメですよ。

また、ストレートアイロンには、使いやすいミニサイズもあるんです。

ミニサイズであれば、軽いし持ちやすいですよね。

しかも、コードレスのタイプだとなおさら便利ですよ。

家以外に外出先でも使うこともできるので、時間がなくて前髪を直せなかったなんてときにも助かります。

前髪によって、顔の印象は大きく変わってきます。

ストレートの前髪を小顔効果も期待できるんです。

ぜひ参考にしてみてください。

真っ直ぐな髪のためには前日のシャンプーから気を付けて

前髪を真っ直ぐストレートに保ちたいのであれば、前日のシャンプーから意識が必要です。

まず、シャンプーやリンスは少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。

適量を守って使うようにしてくださいね。

頭皮の分泌量が変わると、余計に髪の毛がまとまらなくなってしまいますよ。

また、シャンプーの後はきちんと洗い流しましょう。

これも、先程の頭皮の分泌量に大きく関わってくるでしょう。

そして、髪の毛を洗った後はすぐに乾かすようにしましょう。

すぐに乾かさずに放置してしまうと、気がつけば変なクセが付いてしまうこともありえます。

ですから、髪の毛にクセが付く前に、きちんと綺麗にスタイリングしておきましょう。

これによって、翌朝の髪の毛がずいぶん変わってきますよ。

前髪を真っ直ぐストレートに乾かすには、髪をまっすぐに引っ張りながら乾かすだけです。

少しの工夫で朝のスタイリングも楽になりますよ。