注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪をストレートにキープする方法!くせ毛の前髪対処法

くせ毛で悩む人は多くいますが、中でも厄介なのが前髪ですよね。

髪の全体的なうなりなら束ねたりアレンジしたりして、髪のクセを目立たなくさせることはできますが、下ろしている前髪はどうしようもできません。
前髪がイマイチ決まらないと、テンションも上がりませんよね。

前髪のくせ毛をストレートにキープするコツやブロー方法などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

免許証の写真の仕上がりが良くなる服装とヘアメイク・ポイント

免許証の写真を人に見せることができないという人は多いのではないでしょうか。免許証の写真を写す時、服装...

電車内の座席でトラブルに巻き込まれないためのコツや対処法とは

電車内では座席に関するトラブルや迷惑行為などが多数ありますよね。例えば、電車での座席の座り方...

彼氏が体調不良の時のお見舞いは迷惑?迷惑にならないお見舞い

大好きな彼氏が体調を崩していたら、お見舞いに行ってあげたいと思う人もいますよね。でも、迷惑をかけてし...

【男子向け】眉毛を整える方法~簡単お手入れのコツ

あなたの眉毛はきちんと手入れがされたスッキリとした印象ですか?眉毛なんて一度も整えたことがないと...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

疑問と質問の違いとは?上手に質問する方法を紹介

疑問と質問にはどのような違いがあるのでしょうか?「質問はありますか?」と聞かれたときには、質問したほ...

体重は軽いのに太ってるのはどうして?筋肉・脂肪・骨格について

体重は軽い。なのに太ってるのはどうして?同じ体重でも、スタイルがよく見える人と、残念な人がい...

彼女が料理を頑張ってる姿に胸キュンする男性は多いと判明

彼女の料理が美味しいと、それだけで男性は嬉しいものですが、料理が苦手でも頑張ってる姿に可愛いと感じて...

50代後半の男性へゴルフウェアをプレゼントする場合の選び方

50代後半でゴルフが趣味の男性だとかなりの腕前だと想像できますよね。もし自分の父親や上司がそ...

顔の体操は大事!高齢者向けの簡単な顔や口の体操のやり方を紹介

高齢者になっていくと、人と接する機会が減り話しをする時間も短くなってしまいます。ですので顔や体を...

彼女がアイプチしてる!嫌なのは不自然だから?それとも…

彼女がアイプチをしていたら嫌ですか?彼女の化粧をとった顔を見たら、なんとそこには見知らぬ人が...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。話題としては盛り上がるのですが、会うた...

シールの剥がし跡の取り方!試してみたい手軽で簡単な方法を紹介

子供が家で遊ぶ時に困ることといえば、テーブルやタンスなどの家具、床や壁などにシールを貼ることではない...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。でも毎日コテを使うとな...

スポンサーリンク

前髪をストレートにキープ!まずは水分で濡らす

前髪のクセで悩む人も多いでしょうが、このうねる前髪をなんとかしたいですよね。

できれば前髪をストレートにキープしたい!

そんなクセで悩む前髪をストレートにしたいなら、まずはしっかりと前髪を濡らすことです。

クセでうねる前髪は、ただドライヤーで伸ばそうとしても簡単には直りません。

このクセを直すためには、髪に水分を与えることが大切なのです。

髪の内部まで水分が浸透すれば、困ったうねりも取れやすくなりますよ。

前髪を濡らしてからドライヤーで伸ばせば、時間も短縮することが可能なんです。

では、前髪の濡らし方ですが、根元からしっかりと濡らすのがポイントです。

前髪を片手で掴み、かき分けながら濡らすといいでしょう。

まるでシャンプーした後にタオルドライした時のようになるのがオススメです。

特に強いクセには、ただの水ではなく、寝ぐせを取るミストスプレーなどを使うといいでしょう。

ブローでしっかりストレートをキープ!真っ直ぐ前髪のコツ

真っ直ぐ前髪のコツは、ブローでしっかりストレートにすることです。

ドライヤーを使ってしっかりとストレートにブローしましょう。

はじめに前髪を全体的に濡らしたら、利き手にロールブラシを持って、反対の手にドライヤーを持ちましょう。

ロールブラシの毛と毛の間に髪の毛を挟み込むように内側に巻いて、上からドライヤーの温風を当てていきます。

そのままロールブラシを毛先まで滑らせて、ドライヤーもブラシの動きに合わせて動かしましょう。

最後に表面の髪だけをすくってもう一度ブローすると、髪の毛の表面にツヤが出るのでオススメですよ。

前髪が真っ直ぐにブローできたら、全体的に冷風を当てます。

そうすることで、ストレートがキープされるようになるのです。

ぜひ試してみてくださいね。

ストレートな前髪をキープするのに使いやすいアイテム

ストレートな前髪をキープするためには、どんなアイテムを使うとしやすいのでしょうか。

まず、ストレートにブローするためにはブラシを使いますが、できるだけ小さめな物を使うと、より綺麗に仕上がりますよ。

それに、小さめのもののほうが使いやすいのです。

素材は天然毛のものだと静電気も起きにくいでしょう。

どうしてもクセが取れないと言う場合は、カーラーを使うのがオススメですよ。

前髪を濡らしてから、軽くブローをします。

この後、さらにカーラーで巻き付けて、そのまま時間を置きましょう。

すると、前髪のクセが綺麗に取れますよ。

前髪を巻くカーラーは、手頃な値段で売ってる物で構いません。

マジックカーラーだと前髪を巻きやすいので便利ですよ。

時間のないときは、カーラーで巻いたまま、その上からドライヤーをかけてもいいでしょう。

ただし、うっかりするとクルンとしたクセが付いてしまうので、程々で外すようにしてくださいね。

ストレートな前髪作りにはストレートアイロンもおすすめ

前髪をストレートにしたいのであれば、ストレートアイロンも使えますよ。

ストレートアイロンを使うと、挟む内側だけに熱を持ちますので火傷の心配もありません。

それに、短時間で簡単にカールがつくので、時短にもなりますよね。

ブラシとドライヤーを使ったブローよりも、あっという間にストレートな前髪を作りやすいでしょう。

忙しい朝にはとてもオススメですよ。

また、ストレートアイロンには、使いやすいミニサイズもあるんです。

ミニサイズであれば、軽いし持ちやすいですよね。

しかも、コードレスのタイプだとなおさら便利ですよ。

家以外に外出先でも使うこともできるので、時間がなくて前髪を直せなかったなんてときにも助かります。

前髪によって、顔の印象は大きく変わってきます。

ストレートの前髪を小顔効果も期待できるんです。

ぜひ参考にしてみてください。

真っ直ぐな髪のためには前日のシャンプーから気を付けて

前髪を真っ直ぐストレートに保ちたいのであれば、前日のシャンプーから意識が必要です。

まず、シャンプーやリンスは少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。

適量を守って使うようにしてくださいね。

頭皮の分泌量が変わると、余計に髪の毛がまとまらなくなってしまいますよ。

また、シャンプーの後はきちんと洗い流しましょう。

これも、先程の頭皮の分泌量に大きく関わってくるでしょう。

そして、髪の毛を洗った後はすぐに乾かすようにしましょう。

すぐに乾かさずに放置してしまうと、気がつけば変なクセが付いてしまうこともありえます。

ですから、髪の毛にクセが付く前に、きちんと綺麗にスタイリングしておきましょう。

これによって、翌朝の髪の毛がずいぶん変わってきますよ。

前髪を真っ直ぐストレートに乾かすには、髪をまっすぐに引っ張りながら乾かすだけです。

少しの工夫で朝のスタイリングも楽になりますよ。