注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に入浴することができます。

今まではベビーバスで入浴させていた赤ちゃんと、始めて一緒にお風呂に入るとなると、わからないことも多いですよね。

1ヶ月の赤ちゃんの入浴で必要なものや、体の洗い方などお風呂の入れ方についてご紹介します。
また、お風呂でぐずる赤ちゃんのぐずり対策についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

眼科入院中に暇つぶしになるものは?おすすめはやっぱりアレ

眼科入院となると、入院中の暇つぶしグッツの定番である、読書やスマホ、テレビといった目を使うものが役に...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

保育園の迎えの前に買い物するのはダメなワケと現場の声とは

子供を保育園に預けて、毎日働いて疲れているママさんも多いですね。仕事が終わって、子供を園まで...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

同性の嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい!男が男に嫉妬するとき

同性の嫉妬。男VS男。男の嫉妬は恐ろしいのです!女性は感情で好き嫌いを判断しますが、...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

スポンサーリンク

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方は、毎日入るのがおすすめ

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂は、もうママと同じお風呂でも大丈夫になっていく時期ですね。

チョットらくになった?と感じる反面、大きなお風呂に入れるのはドキドキしてしまうのではないでしょうか?

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方についてご紹介していきます。

まずはお風呂の温度から。ママと同じ浴槽に入るとなると、ついいつもと同じ温度に設定しがちですが、大人が丁度良い温度だと赤ちゃんにとっては熱過ぎる場合があります。

大人にとってはぬるめの温度とおぼえておいてくださいね。実際には季節によって外気温によっても左右されますが、夏なら38度程度、冬なら40度くらいを目安にしてください。
浴室や脱衣場は冬場などは温めておくとよいでしょう。

ちなみに1ヶ月の赤ちゃんは動き回ることもまだないので、毎日お風呂の入るほど汚れていない気もしますよね。

でも大人よりもずっと代謝の良い赤ちゃんなので、じっとしていても首のシワや手首のシワなどに汗や皮脂汚れが溜まってしまいます。清潔に保つために毎日お風呂に入れるようにしてくださいね。

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方…お風呂に入る前の準備が大切

赤ちゃんが湯冷めしないように、大きな浴槽で一緒にお風呂に入る時もベビーバスを使っていた時のように、手際のよさ、スピーディさが大切です。

そのため1ヶ月の赤ちゃんなら、お風呂を入れる人のほかに着替えをさせてくれる人がいると、とっても助かりますし、赤ちゃんも安心ですよね。

しかしママやパパが一人でお風呂に入れなければいけない場合もあるはずです。そんな時に必要なのは事前準備!これをしておくのと置かないのでは大きな違いがあります。事前に準備が出来ていれば、焦らずに赤ちゃんをお風呂に入れら事が出来ますよ。

赤ちゃんのお風呂の入れ方、準備の仕方について

まずはお風呂に入る前に、赤ちゃんがお風呂から上がった時、体を拭く場所、待機場所の確保をしておきましょう。
クーファンに大判バスタオルを敷いておくと、すぐにバスタオルで赤ちゃんを包む事が出来て便利です。

そしてママに重宝されるのが、バスローブ!一人でお風呂に入れると、ママは体を拭く暇もありません。
バスローブがあれば一枚羽織るだけで、すぐに赤ちゃんのお世話に取り掛かる事ができるので、とっても便利ですよ。

1ヶ月赤ちゃんお風呂の入れ方!肌を優しくこすらずに

1ヶ月の赤ちゃんですが、ママと同じ浴槽でお風呂に入れるようになっても、まだ大人と同じように扱うことは出来ません。

今までと同じように、ベビーソープやベビーシャンプーを利用して、優しく洗うのが基本です。また刺激に弱い赤ちゃんですから、せっけんをしっかりと洗い流すことも大切です。特に髪の毛や、首や手首のシワの部分など、洗いにくい場所もしっかりと石鹸残りがないようにしてあげてくださいね。

もちろんお風呂の入れ方以外にも、お風呂を出た時の体の拭き方も、擦らずに優しくです。

赤ちゃんの肌は見た目どおり繊細です。擦るように拭いてしまうと、赤くなってしまいますよ。抑えるように優しく拭いてください。

保湿剤を塗る場合には、お風呂から上がってから時間が経過しない前に、バスタオルで拭いた後すぐのタイミングが効果的です。

赤ちゃんがお風呂で泣く原因は?

今までの沐浴は大丈夫だったのに、急に大きなお風呂に入るようになると赤ちゃんが泣いてしまうことも!こんな時にはきっと何か原因があるはずです。
赤ちゃんが安心して、気持ちよくお風呂に入れるように、問題点を見つけてあげてください。

ポイントとしては、今までと違う点は無いか。という点です。

大きなお風呂に入るようになったことをキッカケに、沐浴布をかけなくなってしまった。など、普段のお風呂と違ってしまった点はありませんか?また最初にお話したように、温度は赤ちゃんにとっての適温でしょうか?基本的なところの見直しも必要です。

次にベビーバスとの違いはシャワー!シャワーの音や刺激も赤ちゃんにとっては初めて出会うものです。その音や感覚にビックリしてないてしまうのかもしれません。

赤ちゃんにとって見慣れない場所は、それだけで不安要素です。赤ちゃんがビックリしたり、不安になったりして泣き出してしまった時は、ママが声がけをして安心させてあげてくださいね。

赤ちゃんの入浴で気を付けるポイント

赤ちゃんは代謝が良いので、汚れていないように見えても毎日のお風呂が基本です。とお話しました。特に夏場は暑さのせいで赤ちゃんもたっぷりと汗をかいてしまい、あせもが出てしまうこともあります。

こんな時、清潔にしてあげないと!と、何度もお風呂に入れてあげたくなってしまいますが、それはNGです。デリケートな赤ちゃんの肌なので、何度もお風呂に入ると自分の肌を守っている必要な皮脂も洗い流してしまい、かえって肌荒れの原因になる事も!

必要に応じて、その場所だけを洗い流すようにしてください。

そして赤ちゃんのリズムを崩さないように、出来ればいつも同じ時間にお風呂に入れるようにしましょう。

なるべくいつも機嫌の良い時間、ママの手が空く時間など、焦らずに入浴が出来る時間を見つけて、お風呂に入れてあげてくださいね。大きなお風呂でも今までの沐浴と同じように短時間でOKです。ママのお風呂はゆっくりとパパが帰ってきてから入るようにすると、時間に余裕ができて赤ちゃん優先でお風呂に入れてあげる事ができます。