注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあります。

せっかく栄養を考えて作ったのにご飯を食べないとなると、ママもついイライラしてしまいます。
では、どうすれば子供は食べてくれるようになるのでしょうか。

イライラしてしまうと「もう食べなくていい!」とつい言ってしまうもの。
そのイライラを子供にぶつけてしまう前に、まずはこれから紹介する方法を試してみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。料理...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

スポンサーリンク

ご飯を食べない子供にイライラ!イライラを解消するには?

子供の健康を考えて作ったご飯をあまり食べてもらえないと、せっかく作った時間や気持ちが無駄になってしまったような気持ちになってしまい、子供にイライラしてしまうことがありますよね。

子供がご飯を満足に食べてくれないときの対処法

ご飯を頻繁に残してしまうようになったときは、ご飯の量を少しだけ少なめに盛り付けるようにしてみましょう。
今まで多めに盛り付けていた分、たくさん残されて悲しい気持ちになってしまうのです。
少なめに盛り付けてあげれば、残したとしてもほんの少しですし、食べきれたときにはたくさん褒めてあげるようにしましょう。

また、ご飯を残してしまうのは食べづらいということも考えられます。
様々な大きさのものを用意して、子供がどのサイズのものが食べやすいのか見つけてあげましょう。

他にも、たくさん遊んでお腹を空かせたり、食器を楽しめるようにしてあげるとご飯を食べてくれることがあります。
色々な方法を試して、子供にご飯を食べてもらうようにしましょう!

ご飯を食べない子供にはイライラせずに褒めるべき!?

ご飯を食べない子供には、イライラして怒るよりも褒めてあげることが大切です。

いつもご飯を残してしまう子には、少しご飯を少なめに盛り付けてあげると良いです。
少なめに盛り付けてあげることで子供が完食できる回数が増え、ママが子供を褒めてあげる機会も多くなります。
もし完食できなかったとしても、お野菜を食べられたことなど、ほんの些細なことでも褒めてあげると子供はご飯を食べる喜びを覚えます。
そうすることでママのイライラする回数も減っていきますよ!

ご飯を食べているときにテレビがついていて、それに子供が夢中になっていたりしませんか?
テレビに集中してしまうとご飯を噛むこともわすれてしまい、ご飯を食べる速度が落ちると満腹中枢が働いてお腹がいっぱいと感じて残してしまうのです。
子供が集中してご飯を食べられる環境を整えてあげることも大切になります。

また、ご飯を食べることの喜びなどが描かれた絵本もあるので、絵本を読み聞かせてあげることでご飯への興味が出て食べることが好きになるという子もいます。
ママやパパが色々工夫してあげることで、子供もご飯を食べることが好きになるのです。

どうして食べないの?とイライラする時は一緒にご飯を作るのもあり!

子供がご飯を残してしまうと、どうして食べてくれないの!とイライラしてしまうことが多いですよね。
ご飯を食べてくれずにイライラしてしまうときは、ご飯を一緒に作るという作戦も良いですよ!

にんじんや大根を子供も使えるピーラーで剥いて料理のお手伝いをしてもらいましょう。

料理を作るお手伝いをしてもらうと、料理を作る楽しさを感じさせることもできますし、食べるときには「○○が剥いてくれたお野菜美味しそうだね!」と自分で剥いたことを思い出させてあげると喜んで食べるようになります。

あまり難しいものを手伝わせてしまうと面倒になって、他のおもちゃで遊んでしまうことがあるので、簡単なものにしましょう。

ママやパパは少し面倒に感じてしまうかと思いますが、子供と一緒に作って美味しく食べるのは食育の基本です。

自分で作って食べることの喜びや楽しさを感じてもらうことで、ご飯を食べるようになりますよ。

ご飯を食べない子供に言ってはいけない言葉とは?

ご飯を食べない子供に言ってしまいがちな言葉は、実は言ってはいけないものが多いのを知っていましたか?

ご飯を食べるのがなかなか進まない子供につい「あと一口食べよう!」「全部食べられたらご褒美あげる!」と言ってしまうことはありませんか?

ストレスなどで暴飲暴食をしてしまうことや偏食になってしまうことを防ぎ、健康的な食生活を身につけるためには、自分の食事をコントロールする能力を磨く必要があると考えられているのです。

ママやパパは子供にせっかく作ったご飯をちゃんと食べて欲しいと思い、いらないといわれてももう少し食べるように言い聞かせることが多いかと思います。
しかし、そう言い聞かせてしまうと子供の食事をコントロールする機会を失わせてしまうことになるのです。
子供はお腹がいっぱいになったら食べることを自然にやめるのです。

子供に満腹ということを意識させてみて、いつ食べるのをストップするべきかを学ばせるということも大切になります。

あまりにも長い間偏食が続いているなどの理由が無い限りは、あと一口と無理に食べさせることもしなくて良いのです。

ご飯が食べない原因は嫌いな食べ物があるからかも?

子供がご飯を食べない原因は、嫌いな食べ物があることが考えられます。

子供が嫌いな食べ物があることで、お皿に乗っている食べ物に手をつけないことがあります。
子供が何が嫌いなのかを聞いて、お皿から退けてあげることで満足して食べるということがあります。

しかし、嫌いだからといってそのまま食べなくて良いといういことにはなりませんよね。
ご飯を食べきった後に、退けたものを食べることにチャレンジさせるという段階を踏むと良いです。

どうしても食べないときはとても細かく刻んであげたり、味付けを変えてあげたりすることも大切です。
嫌いなものを頑張って食べなさい!と工夫もせずにあげることは好ましくありません。
形を変えたり味を変えたりして、食べることができてからその形のまま出して食べさせるようにすることも良い方法です。

嫌だと思っているものを食べられるようになった!と喜びに変えてあげることで、味が美味しく感じるようになることがあるのです。

色々と工夫してみましょう。