注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあります。

せっかく栄養を考えて作ったのにご飯を食べないとなると、ママもついイライラしてしまいます。
では、どうすれば子供は食べてくれるようになるのでしょうか。

イライラしてしまうと「もう食べなくていい!」とつい言ってしまうもの。
そのイライラを子供にぶつけてしまう前に、まずはこれから紹介する方法を試してみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

夫婦の会話なし。苦痛に感じる夫婦の距離感を埋めるためには

夫婦の会話なしに悩んでいる人はたくさんいます。男性の多くは、妻と世間話をしたりコミニュケーシ...

スポンサーリンク

ご飯を食べない子供にイライラ!イライラを解消するには?

子供の健康を考えて作ったご飯をあまり食べてもらえないと、せっかく作った時間や気持ちが無駄になってしまったような気持ちになってしまい、子供にイライラしてしまうことがありますよね。

子供がご飯を満足に食べてくれないときの対処法

ご飯を頻繁に残してしまうようになったときは、ご飯の量を少しだけ少なめに盛り付けるようにしてみましょう。
今まで多めに盛り付けていた分、たくさん残されて悲しい気持ちになってしまうのです。
少なめに盛り付けてあげれば、残したとしてもほんの少しですし、食べきれたときにはたくさん褒めてあげるようにしましょう。

また、ご飯を残してしまうのは食べづらいということも考えられます。
様々な大きさのものを用意して、子供がどのサイズのものが食べやすいのか見つけてあげましょう。

他にも、たくさん遊んでお腹を空かせたり、食器を楽しめるようにしてあげるとご飯を食べてくれることがあります。
色々な方法を試して、子供にご飯を食べてもらうようにしましょう!

ご飯を食べない子供にはイライラせずに褒めるべき!?

ご飯を食べない子供には、イライラして怒るよりも褒めてあげることが大切です。

いつもご飯を残してしまう子には、少しご飯を少なめに盛り付けてあげると良いです。
少なめに盛り付けてあげることで子供が完食できる回数が増え、ママが子供を褒めてあげる機会も多くなります。
もし完食できなかったとしても、お野菜を食べられたことなど、ほんの些細なことでも褒めてあげると子供はご飯を食べる喜びを覚えます。
そうすることでママのイライラする回数も減っていきますよ!

ご飯を食べているときにテレビがついていて、それに子供が夢中になっていたりしませんか?
テレビに集中してしまうとご飯を噛むこともわすれてしまい、ご飯を食べる速度が落ちると満腹中枢が働いてお腹がいっぱいと感じて残してしまうのです。
子供が集中してご飯を食べられる環境を整えてあげることも大切になります。

また、ご飯を食べることの喜びなどが描かれた絵本もあるので、絵本を読み聞かせてあげることでご飯への興味が出て食べることが好きになるという子もいます。
ママやパパが色々工夫してあげることで、子供もご飯を食べることが好きになるのです。

どうして食べないの?とイライラする時は一緒にご飯を作るのもあり!

子供がご飯を残してしまうと、どうして食べてくれないの!とイライラしてしまうことが多いですよね。
ご飯を食べてくれずにイライラしてしまうときは、ご飯を一緒に作るという作戦も良いですよ!

にんじんや大根を子供も使えるピーラーで剥いて料理のお手伝いをしてもらいましょう。

料理を作るお手伝いをしてもらうと、料理を作る楽しさを感じさせることもできますし、食べるときには「○○が剥いてくれたお野菜美味しそうだね!」と自分で剥いたことを思い出させてあげると喜んで食べるようになります。

あまり難しいものを手伝わせてしまうと面倒になって、他のおもちゃで遊んでしまうことがあるので、簡単なものにしましょう。

ママやパパは少し面倒に感じてしまうかと思いますが、子供と一緒に作って美味しく食べるのは食育の基本です。

自分で作って食べることの喜びや楽しさを感じてもらうことで、ご飯を食べるようになりますよ。

ご飯を食べない子供に言ってはいけない言葉とは?

ご飯を食べない子供に言ってしまいがちな言葉は、実は言ってはいけないものが多いのを知っていましたか?

ご飯を食べるのがなかなか進まない子供につい「あと一口食べよう!」「全部食べられたらご褒美あげる!」と言ってしまうことはありませんか?

ストレスなどで暴飲暴食をしてしまうことや偏食になってしまうことを防ぎ、健康的な食生活を身につけるためには、自分の食事をコントロールする能力を磨く必要があると考えられているのです。

ママやパパは子供にせっかく作ったご飯をちゃんと食べて欲しいと思い、いらないといわれてももう少し食べるように言い聞かせることが多いかと思います。
しかし、そう言い聞かせてしまうと子供の食事をコントロールする機会を失わせてしまうことになるのです。
子供はお腹がいっぱいになったら食べることを自然にやめるのです。

子供に満腹ということを意識させてみて、いつ食べるのをストップするべきかを学ばせるということも大切になります。

あまりにも長い間偏食が続いているなどの理由が無い限りは、あと一口と無理に食べさせることもしなくて良いのです。

ご飯が食べない原因は嫌いな食べ物があるからかも?

子供がご飯を食べない原因は、嫌いな食べ物があることが考えられます。

子供が嫌いな食べ物があることで、お皿に乗っている食べ物に手をつけないことがあります。
子供が何が嫌いなのかを聞いて、お皿から退けてあげることで満足して食べるということがあります。

しかし、嫌いだからといってそのまま食べなくて良いといういことにはなりませんよね。
ご飯を食べきった後に、退けたものを食べることにチャレンジさせるという段階を踏むと良いです。

どうしても食べないときはとても細かく刻んであげたり、味付けを変えてあげたりすることも大切です。
嫌いなものを頑張って食べなさい!と工夫もせずにあげることは好ましくありません。
形を変えたり味を変えたりして、食べることができてからその形のまま出して食べさせるようにすることも良い方法です。

嫌だと思っているものを食べられるようになった!と喜びに変えてあげることで、味が美味しく感じるようになることがあるのです。

色々と工夫してみましょう。