注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えてくる年代です。
肌の状態も若い頃とは変わってきているので、お化粧のやり方も今までとはちょっと違うメイク方法にすることが大切です。
肌トラブルを隠したいために厚塗りのお化粧をすると、かえってオバサン感が増してしまいます。

50代をいきいきと見せるメイク方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。目が小さいことが...

彼女からの振り方がひどい場合の対処法と立ち直り方とは

彼女の振り方がひどいとそれがショックで引きずってしまうこともありますよね。では、彼女からの振...

メガネにマスクは曇るのが定番!曇らせない方法があります!

メガネをかけている人がマスクをするとあっという間に曇ることってよくありますね。メガネが無いと...

眉毛の剃り跡の消し方とは?剃り跡を綺麗に隠そう!

眉毛が濃い人の悩み、それが眉毛の剃り跡です。剃った後の青い眉毛がどうしても目立ち、どう隠せばいい...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

飲食店で店員がおしゃべりしていて楽しそう!これってアリですか

飲食店で食事をする時に、店員同士がおしゃべりしていて楽しそう。仕事をしっかりするならまだしも、こ...

一人暮らしの貯金額を大調査!毎月の貯金の平均額と節約ワザ

一人暮らしをしていると、家賃に食費、通信費、洋服も欲しいですし、もちろん遊びに使うお金も必要です。...

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれ...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

レーヨン、ポリエステル、ナイロンそれぞれの特徴と洗濯方法

洗濯しようと思った洋服に「レーヨン、ポリエステル、ナイロン」という表示があったら、どうやって洗えばい...

運転が下手で教習所が嫌になる前に出来ることや運転のコツを紹介

自動車の免許取得の為に教習所に通っている人もいるでしょうが、運転が下手過ぎると落ちこんでいませんか。...

焼きそばをもちもちにする裏ワザ!カップ焼きそばを生麺風に

カップ焼きそばは手軽で美味しく、家には常にいくつかストックがあるという方も多いと思います。そのま...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

家で趣味を作ると人生が楽しくなる!メリットやオススメを紹介

家でできる趣味を作ることはどんなメリットがあるのか考えたことはありますか?家に居る空いた時間に何...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

スポンサーリンク

50代向け化粧のやり方、肌のくすみの原因は?

50代、肌のくすみを改善したい

肌のくすみは、紫外線や乾燥、睡眠不足などといったことが原因で肌のターンオーバーが乱れていることによって起きてしまいます。

肌がくすんでしまうと、顔色が悪く見え、表情も暗く見えてしまいます。

そのため、生活リズムや食生活などを見直し、毎日のスキンケアをきちんと行いましょう。

例えば、肌の乾燥によってもくすみは生じます。

そのため、肌をしっかりと保湿することは大切です。

ですから、お化粧の前のスキンケアでは、しっかりとした保湿を行い、さらに肌を明るく見せるような下地づくりにも心がけましょう。

それから、肌のハリが失われてしまうと、肌がたるんでしまい、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

ほうれい線が目立つと、一気に老け込んだ印象になってしまいます。

ほうれい線の溝が深くなってしまう前に、肌の弾力を取り戻すケアを行ってください。

メイクでも明るめのコンシーラーを使うことで、ほうれい線を目立たなくすることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

50代の化粧のやり方で大切なのはツヤとハリ!ベースメイクの基本

50代メイクのポイント

なんと言ってもツヤとハリですよね。

まず、ベースメイクの基本としては、厚塗りにしないことです。

しっかりとスキンケアで保湿をしたあとに、化粧下地を隅々まで伸ばすように肌に広げていきましょう。

そして、リキッドファンデーションを頬から額、そしてあごの順に塗っていってください。

ムラにならないように顔全体に、中心から外側に向かって伸ばしていきましょう。

シミなどカバーしたい部分には、コンシーラーなどを使って軽く叩き込むようになじませましょう。

それから、皮脂が出やすい鼻は、薄めに塗ってください。

目元や口元といった皮膚が薄い部分も、残ったファンデーションを軽く押さえるようにしてくださいね。

厚塗りになると、ヨレや化粧崩れの原因になりますよ。

最後に、フェイスパウダーを大きめのパフで軽くふっくらとのせましょう。

これで、ツヤとハリの保った若々しい肌になりますよ。

50代のお化粧を若々しく見せるやり方!目元のくすみ対策

50代こそナチュラルメイクを心がけること

しかし、目元のくすみは隠したいですよね。

若い時のようなガッツリアイメイクだと余計に老けてしまいますが、アイメイクによって目元のくすみを隠すことができますよ。

まず、アイシャドウを塗る前に、アイシャドウベースを塗りましょう。

アイシャドウベースを塗ることで、アイシャドウの発色が良くなり、くすみを目立たなくすることができます。

まぶたがくすんでいるときに、直接アイシャドウを塗っても色がキレイにはでないのです。

少し明るめなベージュなどのアイシャドウベースを塗ってください。

そして、アイシャドウはパール感のあるものを選ぶと、より若々しい目元になるでしょう。

メイクをする時には「上昇」を意識

50代のポイントメイクについて

例えば、眉毛の描き方やまぶたやフェイスラインのたるみなど。

どうしたら若々しく、スッキリと見せることができるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

まず、フェイスラインのたるみをスッキリ見せたいのであれば、眉毛やアイライン、リップラインなどを元々の位置よりも上げるように意識してみてください。

もちろん、上げ過ぎてしまうとなんとも不自然で奇妙な感じになってしまうので気をつけましょう。

ポイントは、まっすぐよりも下がらないことです。

眉毛を描くときには、横に伸ばすようにしてくださいね。

そうすることで、顔全体をスッキリと引き上げる効果にもなるんです。

これは、目元を引き立たせる効果にもなりますよ。

そして、眉頭よりも眉尻が下がらないように気をつけましょう。

ぜひ上に上がるような意識でメイクしてくださいね。

50代の肌は今まで以上に保湿が大切

肌を再生することをターンオーバーといいます。

これは、古い角層など刺激を受けた肌を新しく生まれ変わらせてくれることです。

しかしこのターンオーバーは、年齢とともに遅くなってしまうのですね。

そのため、年齢を重ねるごとに肌のトラブルが多くなってしまうのです。

若い頃は1ヶ月周期くらいで行われていたターンオーバーも、50代になるとその倍くらいの周期にと遅れてしまうのです。

そのため、50代は特に乾燥に注意が必要になります。

肌が乾燥していると、シワや毛穴、肌のたるみの原因になってしまいます。

これは、50代の肌において気になるトラブルばかりですよね。

ですから、とにかく保湿を重要しなければなりません。

肌をしっかりと保湿することで、肌の老化を防ぐこともできますよ。

ぜひ参考にしてみてください。