注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えてくる年代です。
肌の状態も若い頃とは変わってきているので、お化粧のやり方も今までとはちょっと違うメイク方法にすることが大切です。
肌トラブルを隠したいために厚塗りのお化粧をすると、かえってオバサン感が増してしまいます。

50代をいきいきと見せるメイク方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドイツ人彼氏は連絡頻度こそ少ないが仕事熱心で一途と判明

ドイツ人彼氏と付き合った人が不満に感じるのが「連絡頻度」だそうです。 連絡も少なく、「今日は会いた...

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか? どうして食べるのでしょうか? 人間、食べ物...

髪切ったけど明らかに失敗でしょ!衝撃の私と鏡の中でご対面

髪切った。失敗。 もう、絶望的ですよね? 鏡の中仕上がった自分。 えっ!?これが仕上がり!...

才能や努力よりも運で決まる!?人生の成功について

才能と努力と運。 何かを成し遂げたいのなら、努力は必須! と、根性論を振りかざしてみても、違...

オンとオフの切り替えは大切!オン・オフの切替で充実した生活を

オンとオフの切り替えがなかなかできず、充実した生活ができていないと感じている人もいるのではないでしょ...

車を運転できない彼氏はかっこ悪い?女性の意見を調査しました!

車を運転できない・車の運転が苦手だという男性もいますよね。彼女とのデートではいつも彼女が運転で彼氏の...

マニキュアのホログラムの完璧な落とし方とは?一工夫してみよう

マニキュアでラメやホログラムを使うと、とてもかわいくなりますよね。 でも、落とす時にはそれだけ...

2週間で2キロ太った!普段と同じ生活をしているのに太る原因

たった2週間で2キロも太ったら焦りますよね。しかも、いつもどおりの生活をしているのに体重が増えてしま...

猫のネズミ捕りの罠にかかった時の粘着シートの取り方と予防方法

家に仕掛けてあるネズミ捕りの罠に猫がかかってしまうと、猫の体が粘着シートでベタベタになってしまいます...

都内で博物館デート!カップルにオススメな写真も撮れるスポット

デートがマンネリになってきた?何か新しいデートスポットはない?と思っていませんか? 都内でデー...

彼氏がなんと金持ちだった!実家が金持ちの彼との結婚とは

彼氏が金持ちっていうか、彼氏の実家がお金持ちだった! 育ってきた環境が違いすぎて、結婚生活に不...

ピザとパスタならどっちが太る!?ピザVSパスタ

ピザとパスタではどっちが太るのでしょうか?ダイエット中に、ピザかパスタで迷ったときには食べたいほうを...

突然メールが来なくなるのはなぜ?理由についてをご紹介

突然メールが来なくなることは、よくあります。一番多い理由は単純に、あなたへの興味を失ったから。 ...

友達夫婦が羨ましい。そう感じてしまったら読んでください!

友達夫婦が羨ましい。 どうしたらあんなに仲良くできるのかな? それでは、あなたが友達の旦那さ...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

スポンサーリンク

50代向け化粧のやり方、肌のくすみの原因は?

50代、肌のくすみを改善したい

肌のくすみは、紫外線や乾燥、睡眠不足などといったことが原因で肌のターンオーバーが乱れていることによって起きてしまいます。

肌がくすんでしまうと、顔色が悪く見え、表情も暗く見えてしまいます。

そのため、生活リズムや食生活などを見直し、毎日のスキンケアをきちんと行いましょう。

例えば、肌の乾燥によってもくすみは生じます。

そのため、肌をしっかりと保湿することは大切です。

ですから、お化粧の前のスキンケアでは、しっかりとした保湿を行い、さらに肌を明るく見せるような下地づくりにも心がけましょう。

それから、肌のハリが失われてしまうと、肌がたるんでしまい、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

ほうれい線が目立つと、一気に老け込んだ印象になってしまいます。

ほうれい線の溝が深くなってしまう前に、肌の弾力を取り戻すケアを行ってください。

メイクでも明るめのコンシーラーを使うことで、ほうれい線を目立たなくすることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

50代の化粧のやり方で大切なのはツヤとハリ!ベースメイクの基本

50代メイクのポイント

なんと言ってもツヤとハリですよね。

まず、ベースメイクの基本としては、厚塗りにしないことです。

しっかりとスキンケアで保湿をしたあとに、化粧下地を隅々まで伸ばすように肌に広げていきましょう。

そして、リキッドファンデーションを頬から額、そしてあごの順に塗っていってください。

ムラにならないように顔全体に、中心から外側に向かって伸ばしていきましょう。

シミなどカバーしたい部分には、コンシーラーなどを使って軽く叩き込むようになじませましょう。

それから、皮脂が出やすい鼻は、薄めに塗ってください。

目元や口元といった皮膚が薄い部分も、残ったファンデーションを軽く押さえるようにしてくださいね。

厚塗りになると、ヨレや化粧崩れの原因になりますよ。

最後に、フェイスパウダーを大きめのパフで軽くふっくらとのせましょう。

これで、ツヤとハリの保った若々しい肌になりますよ。

50代のお化粧を若々しく見せるやり方!目元のくすみ対策

50代こそナチュラルメイクを心がけること

しかし、目元のくすみは隠したいですよね。

若い時のようなガッツリアイメイクだと余計に老けてしまいますが、アイメイクによって目元のくすみを隠すことができますよ。

まず、アイシャドウを塗る前に、アイシャドウベースを塗りましょう。

アイシャドウベースを塗ることで、アイシャドウの発色が良くなり、くすみを目立たなくすることができます。

まぶたがくすんでいるときに、直接アイシャドウを塗っても色がキレイにはでないのです。

少し明るめなベージュなどのアイシャドウベースを塗ってください。

そして、アイシャドウはパール感のあるものを選ぶと、より若々しい目元になるでしょう。

メイクをする時には「上昇」を意識

50代のポイントメイクについて

例えば、眉毛の描き方やまぶたやフェイスラインのたるみなど。

どうしたら若々しく、スッキリと見せることができるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

まず、フェイスラインのたるみをスッキリ見せたいのであれば、眉毛やアイライン、リップラインなどを元々の位置よりも上げるように意識してみてください。

もちろん、上げ過ぎてしまうとなんとも不自然で奇妙な感じになってしまうので気をつけましょう。

ポイントは、まっすぐよりも下がらないことです。

眉毛を描くときには、横に伸ばすようにしてくださいね。

そうすることで、顔全体をスッキリと引き上げる効果にもなるんです。

これは、目元を引き立たせる効果にもなりますよ。

そして、眉頭よりも眉尻が下がらないように気をつけましょう。

ぜひ上に上がるような意識でメイクしてくださいね。

50代の肌は今まで以上に保湿が大切

肌を再生することをターンオーバーといいます。

これは、古い角層など刺激を受けた肌を新しく生まれ変わらせてくれることです。

しかしこのターンオーバーは、年齢とともに遅くなってしまうのですね。

そのため、年齢を重ねるごとに肌のトラブルが多くなってしまうのです。

若い頃は1ヶ月周期くらいで行われていたターンオーバーも、50代になるとその倍くらいの周期にと遅れてしまうのです。

そのため、50代は特に乾燥に注意が必要になります。

肌が乾燥していると、シワや毛穴、肌のたるみの原因になってしまいます。

これは、50代の肌において気になるトラブルばかりですよね。

ですから、とにかく保湿を重要しなければなりません。

肌をしっかりと保湿することで、肌の老化を防ぐこともできますよ。

ぜひ参考にしてみてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686