注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えてくる年代です。
肌の状態も若い頃とは変わってきているので、お化粧のやり方も今までとはちょっと違うメイク方法にすることが大切です。
肌トラブルを隠したいために厚塗りのお化粧をすると、かえってオバサン感が増してしまいます。

50代をいきいきと見せるメイク方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

服にファンデーションがつかないファンデ選びと仕上げのコツ

メイクをしてから服を着替える場合や、襟が立つコートなどには、どうしてもファンデーションが付いてしまい...

妻の過去にどうしても嫉妬してしまうあなたへアドバイス

妻の過去に嫉妬してしまう夫。特に今まで妻が付き合ってきた男性、あるいは関わってきた男性に対して嫉妬し...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

眉毛に長い毛が1本だけ生える理由!老化?宝毛?その理由を解説

眉毛に1本だけ長い毛が生えてくることってありますよね。どうして1本だけ長くなってしまうのか、原因が知...

一人暮らしの貯金額を大調査!毎月の貯金の平均額と節約ワザ

一人暮らしをしていると、家賃に食費、通信費、洋服も欲しいですし、もちろん遊びに使うお金も必要です。...

オンとオフの切り替えは大切!オン・オフの切替で充実した生活を

オンとオフの切り替えがなかなかできず、充実した生活ができていないと感じている人もいるのではないでしょ...

彼女のプレゼント選びでアクセサリー以外で喜ばれる物を厳選

彼女へのプレゼントで真っ先に思い浮かべるのが「アクセサリー」ではないでしょうか。ただ、アクセサリーを...

女性がスカートをはく理由にはさまざまなものがその理由とは

スカートといえば女性のものというイメージですが、なぜ女性はスカートをはくのでしょうか?女性がスカート...

バーベキューの焼きそばは使い捨てのアルミ製品で片付け簡単

バーベキューに欠かせないメニューの一つに焼きそばがありますよね。大人も子供も大好きで、家で食べる...

彼女のお弁当、迷惑なんだよね。だってマズイから…ごめん

彼女がお弁当を作ってくれる!本来ならば、嬉しいことですが、その弁当、マズイんです…。そん...

彼女が料理を頑張ってる姿に胸キュンする男性は多いと判明

彼女の料理が美味しいと、それだけで男性は嬉しいものですが、料理が苦手でも頑張ってる姿に可愛いと感じて...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

スポンサーリンク

50代向け化粧のやり方、肌のくすみの原因は?

50代、肌のくすみを改善したい

肌のくすみは、紫外線や乾燥、睡眠不足などといったことが原因で肌のターンオーバーが乱れていることによって起きてしまいます。

肌がくすんでしまうと、顔色が悪く見え、表情も暗く見えてしまいます。

そのため、生活リズムや食生活などを見直し、毎日のスキンケアをきちんと行いましょう。

例えば、肌の乾燥によってもくすみは生じます。

そのため、肌をしっかりと保湿することは大切です。

ですから、お化粧の前のスキンケアでは、しっかりとした保湿を行い、さらに肌を明るく見せるような下地づくりにも心がけましょう。

それから、肌のハリが失われてしまうと、肌がたるんでしまい、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

ほうれい線が目立つと、一気に老け込んだ印象になってしまいます。

ほうれい線の溝が深くなってしまう前に、肌の弾力を取り戻すケアを行ってください。

メイクでも明るめのコンシーラーを使うことで、ほうれい線を目立たなくすることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

50代の化粧のやり方で大切なのはツヤとハリ!ベースメイクの基本

50代メイクのポイント

なんと言ってもツヤとハリですよね。

まず、ベースメイクの基本としては、厚塗りにしないことです。

しっかりとスキンケアで保湿をしたあとに、化粧下地を隅々まで伸ばすように肌に広げていきましょう。

そして、リキッドファンデーションを頬から額、そしてあごの順に塗っていってください。

ムラにならないように顔全体に、中心から外側に向かって伸ばしていきましょう。

シミなどカバーしたい部分には、コンシーラーなどを使って軽く叩き込むようになじませましょう。

それから、皮脂が出やすい鼻は、薄めに塗ってください。

目元や口元といった皮膚が薄い部分も、残ったファンデーションを軽く押さえるようにしてくださいね。

厚塗りになると、ヨレや化粧崩れの原因になりますよ。

最後に、フェイスパウダーを大きめのパフで軽くふっくらとのせましょう。

これで、ツヤとハリの保った若々しい肌になりますよ。

50代のお化粧を若々しく見せるやり方!目元のくすみ対策

50代こそナチュラルメイクを心がけること

しかし、目元のくすみは隠したいですよね。

若い時のようなガッツリアイメイクだと余計に老けてしまいますが、アイメイクによって目元のくすみを隠すことができますよ。

まず、アイシャドウを塗る前に、アイシャドウベースを塗りましょう。

アイシャドウベースを塗ることで、アイシャドウの発色が良くなり、くすみを目立たなくすることができます。

まぶたがくすんでいるときに、直接アイシャドウを塗っても色がキレイにはでないのです。

少し明るめなベージュなどのアイシャドウベースを塗ってください。

そして、アイシャドウはパール感のあるものを選ぶと、より若々しい目元になるでしょう。

メイクをする時には「上昇」を意識

50代のポイントメイクについて

例えば、眉毛の描き方やまぶたやフェイスラインのたるみなど。

どうしたら若々しく、スッキリと見せることができるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

まず、フェイスラインのたるみをスッキリ見せたいのであれば、眉毛やアイライン、リップラインなどを元々の位置よりも上げるように意識してみてください。

もちろん、上げ過ぎてしまうとなんとも不自然で奇妙な感じになってしまうので気をつけましょう。

ポイントは、まっすぐよりも下がらないことです。

眉毛を描くときには、横に伸ばすようにしてくださいね。

そうすることで、顔全体をスッキリと引き上げる効果にもなるんです。

これは、目元を引き立たせる効果にもなりますよ。

そして、眉頭よりも眉尻が下がらないように気をつけましょう。

ぜひ上に上がるような意識でメイクしてくださいね。

50代の肌は今まで以上に保湿が大切

肌を再生することをターンオーバーといいます。

これは、古い角層など刺激を受けた肌を新しく生まれ変わらせてくれることです。

しかしこのターンオーバーは、年齢とともに遅くなってしまうのですね。

そのため、年齢を重ねるごとに肌のトラブルが多くなってしまうのです。

若い頃は1ヶ月周期くらいで行われていたターンオーバーも、50代になるとその倍くらいの周期にと遅れてしまうのです。

そのため、50代は特に乾燥に注意が必要になります。

肌が乾燥していると、シワや毛穴、肌のたるみの原因になってしまいます。

これは、50代の肌において気になるトラブルばかりですよね。

ですから、とにかく保湿を重要しなければなりません。

肌をしっかりと保湿することで、肌の老化を防ぐこともできますよ。

ぜひ参考にしてみてください。