注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。

では、魔の3歳児の子育てに疲れたと感じたときは、どうしたらいいのでしょうか?気分を上げるにはどうしたらいいの?

また、3歳児の子育てでやってはいけないこととはどんなことでしょう?反抗期への対処法とは?

そこで、子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法などについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

教育実習先からの電話を折り返しする時の注意点とマナー

教育実習先から電話がかかってきたのに、充電が切れていた、電波が届かなかったなどの理由で、電話を取るこ...

実家のご飯で食べたいものって?おふくろの味選手権!

実家のご飯で食べたいものはなんですか?おふくろの味、無性に食べたくなるあの味のことです!...

パスタソースのレトルトを冷凍するときのコツやポイント

パスタソースのレトルトが少し残ってしまったときには、冷凍保存をしておくと便利ですよ。冷凍をしたときの...

雨の日ベビーカーで電車に乗る方法と注意点・あると便利なグッズ

電車でのお出かけにベビーカーを利用しているママもいますよね。雨の日はお出かけを控えたいものですがどう...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

うさぎのケージ掃除は3段階で考えよう!ケージ掃除のポイント

うさぎのケージはエサや排泄物で汚れやすいため、こまめに掃除することが大切です。常に清潔なケージに...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

スポンサーリンク

子育てに疲れたと感じるのは3歳児になった頃?

ママが子育てに疲れを感じてくる頃は、だいたい3歳頃なのでしょうか。
話すようになり、たくさん知恵もついてきたとはいえ、自我を「イヤイヤ」となんでも表現する時期でもあります。

ご飯もイヤ、お風呂もイヤ、お昼寝もイヤ、抱っこもイヤ、なんでもイヤといい、いわゆるイヤイヤ期の到来でしょう。

こうなるとお母さんも手のうちどころがありません。
なにをしても泣くかイヤかで、子育てに奮闘しめまぐるしく毎日を送っているお母さんはたくさんいるでしょう。

中には1~2歳の早いうちから自我がはっきりして大変だったから、3歳のイヤイヤ期もこんなもんかなと感じるお母さんもいるようです。

人それぞれの違いでしょうが、お母さんも人間ですので、イライラしてしまうのは仕方ありませんね。

他からみたら3歳はとっても可愛い時期ですが、お母さんにとったら可愛さと同じ分だけ大変さもあり、可愛いといったキレイごとだけではないのが3歳児の子育てなのかもしれませんね。

魔の3歳児!子育てに疲れたと感じたときは

子育てにイライラしてしまうのは誰しもがあるでしょう。
きっとあなただけではないはず!
子育てに疲れを感じてきたら、子供と少し距離を置いて見ましょう。
3年間子育てしてきて、子供と離れるのは初めてという方も少なくないと思いますが、思い切って少し距離をおいてみましょう。

子育てはお母さんの体と心の健康がなければできません。
もし、子供の預け先がなく子供と離れる事が不可能な環境な場合などは、自分にご褒美を与えてみましょう。
子供が寝た後のスイーツ、美容器具、新しいお財布やお洋服、なんだっていいのです。
少しでも心がリフレッシュされませんか?

家計の遣り繰りも大変なのもわかりますが、お母さんの心のケアは周りのサポートも重要です。お母さん自身でケアできることは夫に相談しつつやってみてはいかがでしょうか。

そして、いざという時に子育ての愚痴や弱音をはける家族や夫、友達との関係を築いていくのも大切なことでしょう。

3歳児の子育てに疲れたら?気分を上げる方法

「イヤイヤ期」の3歳児の子育ては、どのお母さんも疲れを感じているのではないでしょうか。
毎日同じ事の繰り返しで、子育てやお母さんの沈んだ気持ちの改善がまったく見られないこともあることでしょう。

理想的な考えになってしまいますが、3歳児の言動の受け取り方を変えてみましょう。

「また家の中をグチャグチャにして」
「またイヤなのか」
「毎日同じ事ばかりの繰り返しだ」
3歳児の行動に対してこのように思ってしまうでしょう。
それをこのような捉え方に変えると、「もうこんなこともまで出来るようになったんだね」「すごいー、これも成長の証だ」このように受け取り方を変えることができれば、子供がした行動の印象は逆のものになります。

そんなキレイごとではないと思うお母さん達は数多くいるのは承知ですが、心の隅においといて頂ければ、何かのときに思い出してくれることを期待します。

そうすることで、心の余裕も生まれてくるでしょう。
悪い面を「成長の証」と良い面と捉えられるのも、子供が小さいうちだけかもしれません。
自分の気分を自分自身で向上してみることを試してみてくださいね。

3歳児の子育てでやってはいけないこと

  • 叩く
    親が子供を叩くと、また悪い事をすると叩かれてしまうと認識してしまいます。
    親の顔を伺い自分の意見を言えない子に、なってしまう可能性があります。
    口ではっきりと伝えるようにしましょう。
  • 物でつる
    「これしてくれたら、お菓子(オモチャ)をあげる」
    物でつるのはとても簡単で、子供も物につられすんなり動いてくれるのでやってしまいがちです。
    ですが、この癖がついてしまうと、物を与えられないと何もしなくなってしまいます。
    自発的に動く心が失われていきます。
  • 他の子と比較
    周りの事比べるのはやめましょう。
    物事の理解力や聞き分けの有無はその子の成長具合によっても、大きく変わってきます。
    子供の自尊心を大切に出来ることは褒めて、まだこれからのことは大きな心で見守っていきましょう。
    そうする事で子供もやる気や意欲を起こすことがあります。

自我が芽生えた証拠!3歳児の反抗期の対処法とは?

  • 環境の見直し
    子育てに疲れると家や身の回りがどんどん荒れてしまう傾向があります。
    そうする事で毎日同じイタズラをしていた3歳児のイタズラの的がへり、お母さんのイライラ減少にもつながります。
  • 言い方の工夫
    子育てに疲れがでると物事の言い方があらくなったり、命令口調になったりしてしまいます。
    子供もその分反抗的になり悪循環になってしまいますので、「早くしなさい」→「お母さんとどっちが早いか勝負だよ」などと言い方の工夫を心がけてみましょう。
  • コミュニケーション
    3歳児のイヤイヤ期真っ盛りな時期であっても、お母さんとのコミュニケーション、スキンシップが重要です。
    これをするだけで、幸せのホルモンが分泌され、お母さんと子供の気持ちも安らぎます。
  • 子供の気持ちを否定しない
    なんでもイヤですから、お母さんはついつい否定してしまいますよね。
    子供が公園で遊んでいてまだ帰りたくないという場面では、「そうだよね、楽しかったよね」と子供の気持ちを受け止めるだけで子供は安心します。