注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。でも、段々大きくなって成長していくと、子供が自分でできることも多くなってきます。

身体の発達だけではなく心の発達も進み、なんでも「自分で」とか「イヤイヤ」と言うようになっていきます。
そんな年頃の子供の子育てをしているママは、子育てに「疲れた…」と感じてしまうこともあります。

今回は、3歳の子供の子育てに疲れたママにお伝えしたい情報についてまとめました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

旦那の自己中に疲れた。自分勝手な態度の裏にある心理とは

旦那の自己中に付き合うの疲れた…。どうしてこんな態度を取るのかと疑問に思いませんか?...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

子育て疲れた。一歳の我が子が暴君にしか思えない。そんな時には

子育てって、しんどいしキツイんだよ!疲れたと思ったら、休める状況を作りましょう。一歳にな...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

スポンサーリンク

子育てに疲れた…3歳児の「イヤイヤ」

魔の「イヤイヤ期」は2歳頃から始りますが、子供によっては3歳を過ぎても続いていて、嘆いているママをよく目にします。

子供の成長の証とはいえ、ママに余裕が無い時のイヤイヤはかなりのストレスになりますよね。

2歳では全てが「イヤ!」でしたが、3歳になると言葉もわかるようになって理解力も増していますから、自己主張を含んだ「イヤ!」になります。

まさに反抗期です。

3歳の「イヤイヤ」は「自分で決めたい!やりたい!」という気持ちの表れです。

ですが、それを上手に伝えるだけの会話能力が無いので、泣いたり、物を投げたりといった方法で自己主張をしています。

ママとしては、その自己主張方法に困惑するわけです。

子供が上手に会話をできるようになって、自分の意見をきちんとママへ伝えられるようになれば、かんしゃくのような自己主張方法はおさまってくるでしょう。

3歳の子育てに疲れた!イヤイヤが始まる前にママが先手を!

イヤイヤ期の時には、一度「イヤイヤ」が始まるとなかなか収まりませんよね。

ママが下手に出てみても、なだめてみても全く収まらず、だんだんママもイライラしてきてしまうことでしょう。

イヤイヤを収めるために、常に子供のいう事を聞く必要はありません。

ダメなものはダメなのですから、その姿勢は崩す必要はありません。
叱る事も必要だと私は思います。

ですが、できればイヤイヤは出来るだけ減らして、お互い楽しく笑って過ごしたいというのが本音ですよね。

出来るだけ楽にイヤイヤ期を過ごすためには、先手必勝です!

公園でそろそろ帰る時間の時には、「あと3回(滑り台を)滑ったら帰ろうね!」とか、ブランコなら「あと10数えたら帰ろうね!」といったように、先に約束させましょう。
そして、絶対にズルズル遊ばせず、約束どおりに帰ることを繰り返します。

始めはかんしゃくを起こしていても、繰り返すうちにルールを理解します。

会話もスムーズで、ルールも理解できているなら、自分で決めてもらうのも良いでしょう。
「あと、何回やったら帰れる?」という感じです。

うちの子は、約束の時点で、「もっと」と交渉してくるようになりました。
余裕があれば交渉に乗るようにしています。
自分で言い出した約束はたいてい守ってくれるものです。

また、3歳さんは何でも自分でやりたがりますよね。
ですから、時間は余裕を持ちすぎるくらいのスケジュールを組みます。

服などは2セット準備しておいて、子供に選ばせます。
自分で選んだ達成感で、すんなりお着替えしてくれました。

先に選択肢を絞っておくことは、「自分で決めたい」3歳さんの気持ちも、早く選んで欲しいママの気持ちにもびったりの方法だと思います。

ぜひ、試してくださいね。

3歳の子育てに疲れた時の対処法

3歳の子育てに「疲れた」と感じるなら、出来るだけ疲れないように、普段の行動を少し変えてみましょう。

3歳で「疲れる」と感じるのは、ママの予定通りに進まない時や思い通りに動いてくれない時ではないですか?
たいてい、そういうときにイヤイヤが起こりますよね。

時間のない朝のしたく時だったり、夕食の準備中だったり、ママが忙しい時間帯にイヤイヤが起こるなら、改善策は「時間に余裕を持つこと」です。

ママの思うスケジュールは、子供にとっては少しタイトなのかもしれません。

そして、選択肢を与えて、そこから選んでもらう方法を取り入れてみてください。
そうすることで、少しだけ時間を節約できます。

選ぶのに時間がかかるなら、カウントダウンするのも一つの方法です。
子供はケームが大好きですから、たとえカウントダウンだけでも、真剣に取り組んでくれるでしょう。
着替えも、数を数えてるだけで、早着替え大会のようになります。

時間に余裕があれば、子供のちょっとしたミスも許せるものです。

あとは、スキンシップをたくさん取りましょう。
子供にとってはママに嫌われるのは「この世の終わり」くらいの大きなストレスなのです。
子供の気持ちが不安定になると、イヤイヤも激しくなります。
ぎゅーっと抱きしめてあげてください。
ママがそんな気分の時じゃなくても寄ってきたら、とにかくぎゅーっとしてあげてください。

それだけで、幸せホルモンが分泌されて子供が安心できます。
ちなみにママにも同様の効果があるので、イライラも少し落ち着くことでしょう。

子育てに疲れたと感じたら

いろいろ試してみたけど、「疲れてもう無理」と感じるなら、それは休憩が必要です。

いったん子供から離れてみましょう。
夫や親、託児施設などを利用して、数時間でもいいので1人の時間を満喫しましょう。

ママは万能ではありません。
疲れたなら、ママ業は少しお休みして気分転換が必要です。

リフレッシュできれば、また子供との時間が愛おしくなります。

普段はイヤイヤ期で疲れ果ててイライラしても、笑っている子供の姿を見たら微笑ましいく思える瞬間がありますよね。
気持ちに余裕ができたら、尚更です。

ママが笑っている方が、子供も笑ってくれますよ。

「子供と少し離れてリフレッシュしたいけど出来ない。疲れてしまって相手も辛い。」そんな時には、甘い魔法を使いましょう。

子供が大好きなお菓子です。

与えすぎは禁物ですが、ルールを守って上手に活用できれば、こんなに静かになってくれるものはありません!
歯磨きも忘れずにしっかり行ないましょう。

3歳までの子育てに一番大切なのは「ママの笑顔」

3歳までに一番大切なもの、それは自己肯定感です。
「自分はママに愛されている。」という思いが、全ての自信に繋がります。

「愛されてる」と感じてもらうためには、ママの笑顔は欠かせません。
怒った顔のママを見て、「愛されてる」とは感じられませんよね。

だから、できるだけママには笑顔でいて欲しいと思います。
笑顔でいるためには、ママ自身が幸せでなくてはいけません。

だから、たまには休憩も必要なのです。
美味しいランチだって、甘いケーキだって必要かもしれません。

子供や家の事だけではなく、自分の事をする時間を持つように心がけましょう。
趣味を持つのも良いでしょう。

3歳の子育てで大切なことをまとめてみると、「やりたい気持ちは尊重する」・「最後まで自分でやらせてあげる」・「たくさんの愛情を伝えてあげる」ことが最も大切なのです。しかし育児で大事だと言われる、上記のような子供に寄り添った行動は、ママが穏やかな状態でなくてはなかなか出来ません。

自分に余裕が無い時に、手探りで時間のかかる子供の作業を、最後まで優しく見守るなんて、絶対に出来ませんよね。

だからママには、自分自身をもっと大切にして、笑顔でいて欲しいなと思います。