注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?体調でも悪いのかな?」と心配になってしまいますよね。

「んーんー」と鳴いているのはどんな意味?病気とかではないの?

実は野生の猫は「にゃー」とは鳴かない?いろいろな種類がある猫の鳴き声、その鳴き声と猫の心理について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

親と縁を切る方法で見つからずに逃げるコツや相続を放棄するには

親と縁を切るためには、実際に法律的には親と絶縁する方法はありません。しかし、自立して親元から...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?6...

スポンサーリンク

猫の鳴き声が「んーんー」だったら何かの病気なの?

猫の鳴き声はどんな鳴き声?言われて思い浮かべるのは「ニャー」という鳴き声ではないでしょうか。

ですが、実際に猫を飼っていると「んーんー」と鳴き声を出すことがあり、何かの病気なのだろうかと心配になることがありますよね。

この「んーんー」という鳴き声ですが、飼い主さんを含め人間とやり取りをしている時に出す鳴き声なのです。

猫同士でやりとりする際にも、特に仲良くなりたい猫に対して「んーんー」という鳴き声を出すこともあります。

ですので、病気であるというわけではありませんので、心配の必要は無いでしょう。

また、飼い主さんが猫ちゃんの名前を呼んだとき「んー」と返事することがあると思いますが、このときの猫は、名前を呼ばれて返事をしています。

大好きな飼い主さんに名前を呼ばれて、喜んで返事をしていますので、存分に構ってあげると喉をゴロゴロと鳴らすかもしれません。

猫の鳴き声が「んーんー」や「んー」だったら何かをアピールしている?

猫の「んーんー」という鳴き声は、人間や他の猫とやりとりしているときに出すということを上記でご紹介しましたが、他にも様々な意味が込められていることがあります。

例えば、注意を惹きつけるためであったり、人間や他の猫への挨拶、飼い主さんへ呼びかけている場合など、さまざまな場合があります。

飼い主さんがお部屋に居るときに、「んーんー」や「んんー」と鳴く場合には、飼い主さんへ「遊ぼうよ~!」「あたしはここにいるよ~!」とアピールしている可能性が高いでしょう。

また、ご飯のときも同様で、もっと欲しいときなどにも「んーんー」や「んんー」と鳴きアピールをしている可能性が高いでしょう。

愛猫に可愛く鳴かれてしまうと、ついつい甘やかしたくなってしまいますよね。

ですが、鳴く度に反応してしまっていては、自分の思い通りにいかなかった時に、より大きな声で鳴いてしまう可能性がありますので、甘やかす際にはほどほどにしましょう。

猫の鳴き声は「んーんー」以外にも「んー」のつくものはこんなにあります

猫の鳴き声は、「ニャー」や「んーんー」、威嚇するときに出す「シャー!」という鳴き声など、様々な鳴き声があります。

そこで、猫の鳴き声とその意味についてご紹介します。

「んーにゃ」と鳴く猫の鳴き声はおねだりしている

「んーにゃ」という鳴き声は、「ご飯をちょうだい!」という意味が込められている可能性が高いです。

ご飯を食べ終わったのにご飯皿の前で「んーにゃ」と鳴いているようでしたら、「もっと!もっとちょうだい!」とおねだりしています。

くれぐれも与えすぎには注意しましょうね。

猫の「んんー」という鳴き声は何かを求めている

「んんー」という鳴き声は、「お願い事を聞いてほしいなぁ」という意味が込められている可能性が高いです。

猫のお願いを聞いたのにも関わらず、鳴き続けている場合には、猫の求めていることと違うことをしているのかもしれません。

猫がこんな変な鳴き方をしていたら

猫が窓の外を見ながら「ククク」や「カカカ」のような鳴き声を出していたことはありませんか?

この鳴き声は、猫特有の鳴き方で「クラッキング」と呼ばれています。

このクラッキングですが、対象は窓の外の鳥や虫などで、獲物に「届きそうだけど届かない」猫はそんなふうに歯がゆさを感じているのかもしれません。

また、口を開けているのに鳴き声を出さないこともあります。

このようなことをサイレントミャオと呼び、何を言ったらいいかわからない、言葉にならないようなときに見られます。

他にも、ダミ声のような普段と違う鳴き声の場合には注意が必要です。

体のどこかに痛みを感じているのかもしれません。

いつもと様子が違うと感じる場合には、一度動物病院に連れて行き、獣医師さんに診てもらうことが病気を早期発見、治療する上でも大切です。

普段はおとなしい猫が「ニャー」と鳴き声を出している場合の意味とは?

猫には、様々な性格の猫が居ます。

普段から「ニャーニャー」や「んーんー」と鳴く猫、逆に全く鳴くことが無い猫など、猫により様々です。

例えば、普段はおとなしく、鳴くことが殆ど無い猫が「ニャー」と鳴き声を出す場合には、何かしらの意味が込められている可能性が高いです。

主に考えられる理由は、「ご飯に関すること」「トイレに関すること」です。

猫が最も自分のことを主張する場面は、ご飯だと言われています。

  • ご飯はいつもと同じ量を与えていますか?
  • お水のお皿は空になっていませんか?

また、多頭飼いをしている場合だと、他の猫にご飯を取られてしまっていることも考えられます。

お腹が空いていそうなら、ご飯を与えるようにしましょう。
ですが、量には注意が必要です。

他にもトイレの状態が不衛生である場合には鳴くことがあります。

よく知られているように、猫はとても綺麗好きな動物です。

猫がした排泄物は片付けてあるか、トイレシートや猫砂などの状態に問題はないかなど気にかけてあげることが大切です。

また、トイレ環境が悪いと、トイレ以外での粗相に繋がる場合もありますので注意するようにしましょう。